愛と執着・・?

今日はくもり。

どんよりした空とは裏腹に気分は上々。

昨夜は9時過ぎに布団へ。

やっぱり、寝るって大切だなと思った。

多少のことは許せて、何より体が軽い。

7時前からコンちゃんの散歩に行ったが、ランニングできた。


午前中は友人と会った。

彼女とは旧知の仲。

理不尽な想いや扱いを受けてもそれらを、笑いで吹き飛ばす力を持った

類まれな人種で特別記念物的な人間。

会話の中で、「孫のおやつをとってたべるおばあちゃん」の話になった。

いろいろ二人で分析して研究対象にしたいよなと真顔で話し、最後は笑って終わり。

久しぶりに勇気をもらった時間だったな。


午後は助産師目指して頑張っている看護学生さんとデート。

おもしろい経歴をもった学生さん。

いろいろ話していく中で、お母さんや知人と私がつながっていたことが判明。

ご縁というのは不思議なもの。


彼女と様々なことについて話したが、考えさせられたことがある。

「愛と執着」について。

執着を辞書でひらくと、

“一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと。“

とあった。

そもそも、恋や愛はするものではなく、落ちるもの。

そこでは自分でも気がつかないくらい

心を奪われ相手のことで気持ちがいっぱいになるのでは。

だから、ある意味愛とは執着の要素は多分にあると思う。


ただ、二人の関係が人の権利を無視したような言動になれば

厄介なことになるのではと思う。とくに、

「望まない・同意のない性的な行為や発言」

これは性暴力だ。

自分が何をされて、言われていやなのか。

いやだといってもいいよと、言い合える関係こそ大切なのでは。


愛と執着、まだよくわからないので時々考えたい。

正直もう眠い。・・・。


今夜は星がきれいな夜だった。

空気もほの温かかった。

たくさん話して、笑って、うなずいて、考えた1日だった。

気持ちいい疲れ。

おやすみなさい。



*息子の一人がくれた花。

どうも、母の日ということらしい。

つれあいからももらったことがないのに、

まさか、息子からもらえるなんて。


下心があったとしても、

やはり、花をもらうって嬉しいこと。


素直にありがとうといいたい。



14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示