A5ランク、12だよ。

青い空もちらほら。

雲が多い。

朝の一連作業は終わった。

涼しいうちにコンちゃんの散歩へ。

というのは口実で、

昨日の余波でつれあいと共有する空間、時間を

もちたくなかったので距離をとる。

さみしいような涼しさで、

青い稲穂はこうべを垂れ始めていた。


車がない。出社していた。

洗濯物は干してあり、食洗器もきれいになっていた。

けど、せっかく弁当作ったのに忘れていた。

いらんなら

明日から作らん。

好きにしてくれ

とラインで送る。

すまん。

気づかなかった。

忘れた弁当は娘の昼ごはんになった。

娘はこのラインをみて

お母さん許してあげて。わざとじゃないよ。

許すってラインしようか

と、哀れそうな表情で訴えた。

これはお父さんとお母さんの問題だけほっといて。

何もせんで。

娘は、静かにTVの部屋へ行った。


午前中は支援センターへ。

7人の馴染みのお母さん方が来てくれた。

時期が時期なのでソーシャルディスタンスをとって

の開催だった。

今日のテーマは月経。

途中、毛の話になった。

そる、そらない。どこを、どの程度。

美の基準。(見た目)

商売として。

健康のため。

まあ、いろんな基準や価値があるけど

なんだろうなあ。

たかが毛。されど毛。


帰宅して、YouTube娘は急いでパソコンをきった。

簡単にランチを済ませ、お昼寝。

起きて夕飯の準備をして買い物へ。

スーパーで担任の先生が声をかけてきてくれた。

かわいい女の先生で、赤ちゃんを抱いていた。

4人目さんで男の子。

よかった。先生に会えて。

宿題をやるタイミングができた。


夕食はおくら、とうもろこしを茹で、

ひじきの煮つけ、バンバンジー、焼きししゃも

久しぶりにえのきとわかめのみそ汁。(胸肉の茹で汁をいれた)

娘はみそ汁が一番おいしいといって、3杯も飲んでいた。


食後だらだらしてたら

のっそり息子がきた。

牛飼いをしてる息子だ。


ケーキのはいってそうな白い大きな紙袋をくれた。

その中に箱が入っている。

どうも、肉らしい。

12番だよ。

はあ?12?

あのなあ、お母さん肉のランクは12あって8から12までを

A5ランクっていうだん。

はあ。

A5ってきいたことあるでしょ。

あるある。

A5の中でも一番いいやつ。

まあ。

宮城県産仙台牛肩ロース焼き肉用 500gとシールが貼ってある。


どうも、実家の子牛を買ってくれた宮城の牛屋さんの肉らしい。

実家の牛がA5ランクになって里帰りということか。

息子は淡々と話し以前一緒に寝ていた猫と犬を触って

いつの間に消えていた。

もう少しなんか話したかったのになあ。


ちなみに、肉を見るとすごいサシがはいっている。

たぶん、やっわらかい溶けるような肉だろう。

・・・でも私のお腹には合わない。

せいぜい、2切れ。


この子は、こういう肉のために人生をかけるのだろうか。

牛のふんをきれいにし、種付けの資格をとり、

受精のタイミングを考えて実施し、草刈りをし、

牛を運動場に出したり、餌をやったり。


息子よ、次回は赤身のブロックのいい肉を頼む。

たたきかローストビーフのほうが私は好きだ。

何かのタイミングでお願いするのは野暮というものだろうか。



*仙台牛 肩ロース焼き肉用


2切れでも重そう。

・・息子たちのお腹にはささっと

収まりそうだな。

肉大好きな娘は何枚食べるだろうか。

大根おろしと一緒だといいかも。




19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示