布団と布団の距離感は。

6時頃、見上げる窓の外は少し青かった。

でれんな。

6時15分。

重たいグレーに。

今朝は娘だけのお弁当。

チョーのんびりの朝。


娘が登校した。

つれあいはコンちゃんの散歩へ。(今日は音楽会なので有給をとった)

窓を開けひやっとした空気を部屋にいれる。

布団をこぎれいにして階下へ。


今は2人だけの寝室。

布団の距離は30センチくらい。

少し前は1メートルくらい空いていた。

それが、だんだんせばまり今になった。


子どもたちが小さい頃、

川の字のごとく、間には寝相のわるいちびたちがいた。

だんだん数が減って、

時間がたって・・・

10歳の娘が生まれた時から位置を変えた。

つれあいー私―娘

こんな感じ。


実家の両親や、知り合いは夫婦別室。

夫婦がいっしょでなくてもいいとは思うけど。


以前支援センターで、

距離がだんだんあいちゃうんですよね。

多分もう縮まらないと思う。

いいんです。別に。

と、半ばあきらめたように、

仕方ない・・・といった感じで話していたお母さん。


夫は仕事があるので、

夜寝かしてあげたいし、本人も寝たいみたいで・・というお母さん。


夫婦の関係性が布団の距離で測れるほど

単純でないことはわかる。

ただ、感じるのは心の距離だ。

特に子供が小さい時の夫婦は、

育てるという戦場でのミッションを遂行すべき同志であり、戦友。

そこには信頼や安心といったつながりがほしい。


うーん、でもいっしょに寝ていても自分だけ起きて子供の世話をして、

隣でグーグー寝てたら蹴ってやりたくなるよな。


むずかしいな。

これ。


これを打ってる最中にまたけんかをした。

せっかく30センチまで近づいた距離はまた遠くなる。

8畳の部屋でできるだけ離したらかなりあるな。


あー、めんどくさい。

まあ近い他人。

何十年一緒にいてもそれぞれ持ってる世界はわからない。

ほんとに、わからない。

わからんわ~。


夕食は中華丼の予定だったけど、

帰宅後、イモ天好きの姉妹が遊びにきてたので、

おやつにイモ天だしたら、

みんなが食べ始めて、こりゃ天ぷらにしようということになった。

で、胸肉、れんこん、ピーマン、豚肉をあげた。

昨日のおでんもあった。

レンコンにはピリ辛あんかけをさらっとかけた。



*また、猫たち


寒いのでここが猫の定位置になった。

こんな姿これまで見たことがなかった。

仲がいいってのは、

みていても気持ちいい。

・・・ということは・・

私たち夫婦は子供らにどんな

ふうに写っているのか。

ああ、考えたくない。

やめよう。

ネコだけみていてほしいな。









15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示