もし、もう一回やりなおしていいといわれたら。

快晴。

7時半からBSのカムカムをみるために

起床。


おいしゅうなれ、おいしゅうなれ。

あめぇあんこになれ・・。

このフレーズと、ピカピカの

あんこが食べたくって

私は小豆を4,5回炊いた。


今回も、泣けた。

想像以上に。

ちなみに、最終回は明日だった。


このドラマは3人のヒロインが

織りなす物語。


最初のヒロインの時代背景は戦争前後、

あなたについていきますって感じのヒロイン。

そして次は、戦後少したった頃、

すきな男と家族をよし!養っていくぞって感じ。

最後は、現代。

好きな人はいたけど、

うまくいかなくって

よし!一人で生きていくぞって感じ。


女性の生き方の変遷が、

ドラマを通して描かれていたような

気がする。

並行して、女性を取り巻く

家族の歴史でもあるような気がした。


想像以上に楽しんだが、欲を言えば

恋愛しない、しても籍をいれない生き方や

おひとりさまについても

少し触れてほしかったな。


3人のヒロインの中で一番親近感をもったのは

戦後少し経ったころの養っていくぞ!

って感じ。


私が誰よりもしっかりして、

家族を守らんといけんなあ。

と勝手に責任感を植え付けたような

感が私にはあった。


そんで、家族の喜びが私の喜びだと

思いこんでいた。


確かにそんな場面は多かったけど、

正直それはイコールとは違った。


今頃そんなこと・・・っても思うし

だからって過去はかえって来ない。

でも、これからは時間もできたことだし

もっと家族以外での喜びを探したい。


もし、もう一回やり直してもいいよと

いわれたら、

仕事も家族も同等に優先順位の1番にしたい。

そして、パートナーとはそこら辺の価値観を

すり合わせて同じ方向性でいれたら最高。

そういう人を選ぶことがマスト。


たとえ生涯独身であっても、

なんかの形で社会のお役にたてれば

いいんじゃないの。

十分幸せも喜びも感じられると思う。


そして、子供はいてもいなくても

いいなと思う。

私は今回の人生では多くの子供に恵まれた。

楽しくうれしい以上につらく苦しいことも

あった。


子供は絶対ではない。

今はそう思う。


明日は本当に最終回。

小豆でも炊こうかのう。

正座して観ようと思う。


夕飯

お好み焼き

鶏レバーの梅みそ煮

モズク酢

じゃがいもと玉ねぎのお汁


*はちみつ

70グラムしか入っていない。

可愛すぎて5つも

買ってしまった。

おすそ分け用です。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

砂丘