top of page

恐るべしはたらく細胞。

穏やかな朝食。

話は性の話になった。

ふつうの家はたぶんしないが、

うちはよくする。


それ、勃起っていうんでしょ。

しっとるで。


性のふれあいで

うつる病気があるに。

知っとるで、淋菌とかでしょ。


なぜ。

なぜに知ってるのか。


答えははたらく細胞ブラック。

男の人はブラックでいっとったよ。


じゃあ、おんなはレッドか?

なわけないがん。

知らん。


むすめのすすめで、

タブレットでその漫画をみた。


おお、すごいな。

だいたいは知ってる内容だったが

射精の部分で

精液が出るとき、

膀胱括約筋がギュッと閉まるのは

知っていた。


前立腺あたりで入口と出口がギュッと閉まり

出口が開いて勢いよく飛び出す仕組みは

初めて知った。


私が見たシリーズは

勃起のドラマ仕立てで、

EDのことや、

性感染症(淋菌)も含まれていた。


さみしいよ~さみしいよ~と

いいながら淋菌が悪者っぽく

登場したときには、

声をあげて笑った。


でも、なんでさみしい菌だろう。

梅毒の場合は梅でなく、もともとは

バイキンの黴という字があてられていた。

それがなぜ梅になったのか。

その経緯を夏休みの自由研究にでも

したら面白いのに。


せんわな。

そうだよな。


それにしても、はたらく細胞はすごい。

目の付け所がいい。

性教育教材として使ってみたい。

なかなかだった。


夕飯 つれあい

昨日の残り物

おばあさんとおじいさんには

焼きそば









*日が暮れる


この頃の帰宅は

いつもこんな感じだ。

ゆうや~けこやけ。

なんかさみしい。

ううん、寂しくない。

今日も1日よく働いた。

頑張ったな自分。

よくやった。

周りがほめなくても

自分でほめよう。




閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page