second spring 更年期 幸年期


やばい。

6時半をまわっている。

この頃こんな感じが多い。


バタバタと朝の時間が過ぎた。

コンちゃんの散歩は、チョー風が冷たくってブルブル。


昨夜はスペイン在住Doula裕美子さんの更年期のお話に参加した。

更年期のことを、メノポーズともいうけど。

彼女はセカンドスプリングという響きのよい言葉を使った。


彼女はDoulaとして様々な活動をしているみたい。

その一つが昨夜のお話会。


ROUND1  ホルモンの変化:私たちの心と身体の変化

ROUND2  閉経とは

ROUND3  何ができる?


後半のまとめあたりで私に響いた言葉たちは以下。

◆年齢を重ねる = 何かを失うではない

◆私の本当の望みはなんだろう

◆カラダは私のおうち!


女性学を少しかじってると、

女性は自分のからだを自分のものにできなかった時間が多かった。

今も、国家や社会にいいようにされてる感がぬぐえないのは

勘違いじゃないと思う。


枯れる、生産性がない・・・男目線で語られてきた一方的な

見方によって窮屈な思いをしてきた。

自分の体は自分のもんだけなあ。

目線は感じても従わない。

毅然とした態度を示したいものだ。


膣との付き合い方や、

オーガズムについても、

自分のことばで話せるっていいと思う。

・・・やらしいなあ・・・・

と、思う人もおると思うけど。


でも快楽も大きなテーマ。

だって、セクシャルプレジャーってイマドキなんだけど。

(性の健康メキシコ で検索すると出てくる)


更年期を幸年期でと思っていたけど、

これからはセカンドスプリングに変更しようと思う。

春は花粉症のこともあり苦手だけど、

何かが始まる目覚めの時みたいで未来を感じる。


セカンドステージにはふさわしい言葉。

よしっ!!って感じだな。


◎裕美子さんは月経、女性の性の悩み更年期にまつわる

個別セッションを来月から始めるみたい。

娘をたのもうかな。応援は多面的にあっていいと思う。


*三朝町牧にある滝の石仏


石仏っていったら、お地蔵様みたいなのを

想像してたら、なんとキバがある。

なんだろうか。これ。


来年親子会で行く場所なので、

それまでには調べておきたい。

滝はちょろちょろって感じの

かわいい滝でした。

友人連れていこーかな。






15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示