top of page

告白

あなたが必要なんです。

好き・・どうしようもなく。

理屈じゃないんです。

会えるとうれしい。

私の命にはあなたが必要なんです。


テレビ小説 らんまん での

主人公万太郎からの

プロポーズ。


うーん、いいなあ。

聞きほれてしまった。


相手の寿恵子からは、

あなたと一緒に

大冒険をしたい・・・。

そんな返答があった。


うーん、これもいい。

そうか、2人が家族になるって

冒険なんだな。

寿恵子ナイス。


なぜかこの場面では

涙がうっすら。

何に熱くなり、

何の涙なのかよくわからんけど、

じーんとした。


そうかと思えば、広末さんの

不倫騒動。


つれあいとこのことを話したとき、

耳を疑うような返答が

かえってきた。


ざまあみろ。

確かに彼はそう言った。


なんで??

だって、家族がありながらそんなことしたら

いけんだろうが。


まあ、確かにそうだけど

恋や愛ってするもんじゃなくって

落ちるもんだと思うし、


きっと、パートナーとの

関係性は良好ではなかったのではと思う。

そこに、自分をわかってくれる人が

洗われたらそりゃ、傾くよな。


じゃあ、お前は浮気をするのか。

うーん、しない。

なんて断言はできんよ。

でも、今のところ別に男はそんな興味ない。


それに、浮気するなよなんていうんだったら

そうさせんような、

魅力あるパートナーでいてほしいわ。


やんわりと、

それらの言葉を返した。


しばらく沈黙。

そして、つれあいは

だまって二階へ。


別に不倫を肯定しようとは思わない。

代償は大きいとおもう。


広末さんのような

ああいう立場の人は私生活含めた価値を

評価されてそれがお給料になってる。

ような気がする。


だから、世間で否定されてることをした場合の

リスキーさはわかってるはず。

けど、やっぱ人間だもの。

道から外れることもある。


そんなに叩かれなくては

いけないことなのか。

私とつれあいとの温度差はかなりある。


批判覚悟で思ったことは、

40過ぎても

あんな風に人を思うことができるんだなって、

なんか、あんな気持ち

とうの昔にどっかに置いてきたなあ。


少しうらやましいというか、

同性としてかわいいなあ・・

覚悟してるな・・なんて思った。


皆さんは

どのように思われたでしょうか。


次のお母さんの集まりでは

このことをテーマに話すのも

悪くないような。


では、おやすみなさい。


夕飯

かつ丼

キムチスープ











*ガウラ


白鳥草。

そう呼ばれる花。

ピンクもある。

背丈は1メートル弱ぐらい。

風になびく姿は

優雅な感じ。

育てやすくて、花期が長い。

これも魅力の一つだな。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page