top of page

静かな海

5時起床。

寝過ごした。

6時出発までに洗濯してほして、

さらっと掃除して、

梅干を干した。


朝の海はムスメと2人。

朝日輝く海には、

魚釣りのおっさんだけ。


朝食はトウモロコシ。

9時前に海とおさらばして、

温泉へ。


帰りにうどん屋で

ムスメは大盛+おにぎり+かき氷半分

まだいけるといったが、

果てしない食欲にストップをかける。


午後からお仕事。

そんでまた海。

今度はつれあいもいっしょ。


夕方の海は穏やか。

程よくあったまった海水が気持ちいい。

・・といっても朝も夕も

読書してからの水遊び。


小さなふぐやキス、アジ、いっぱいの魚が

目の前に優雅にスイスイ。


シュノーケルを2つ新調した。

フィット感もよくクリアな視界。


海中みるのもいいけど、

ぽかんと上をむいて空を

眺めるのも好きだ。


ふわりふわりと、

子宮の中でも

こんなだったのか。


波の音。

セミの声。

やっぱ海だよなあ。


静かにそして深く受け入れてくれる海。

ただ浮かんでるだけなのに

すっぽりと包まれてるような感じ。


調子にって、

明日も行くことになった。


梅干は順調にしわしわになり、

同時にふくよかになっていた。


チョー心地いい疲れ。

おやすみなさい。


夕飯

おばあさんの

冷やし中華


*朝の海

泳ぎ始めるまでに

勇気がいったけど、

はいってしまえばこっちのもの。

身近にこんな場所があって、

暇な時間があって、

本当にありがとうだ。


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page