top of page

洗濯もの

「ひさちゃん、今日は外やめた方がええぞ」

おじいさんが台所にきてそういった。


どうも黄砂が多いらしい。

なので、中で干した方が・・ということらしい。


はーい。

そうするわ。

外にタコ足やハンガーが連なったのを

取りに行った。


この頃洗濯物当番はほぼ私。

洗濯ものを外に出したとき、

嬉しいことがある。


それは、

竿にタコ足やハンガー物干しピンチ等が

既にセッティングされていることだ。

いつもおじいさんがしてくれる。


たいしたことない、

ちっちゃいこと。

それこそ、名もなき家事。

これが、けっこう助かる。


時には、

洗濯ものぐらいなら

干しといてやるぞ。

と、いってくれるけど

私やムスメの下着をおじいさんが干すのは

ちょっとなあ・・。

ありがたく辞退している。


どうも、洗濯関係は

自分の範疇だと思ってるのかも。


おととしに

心臓の弁を2個入れ替えるため、

エクモを使い心臓を止めての大手術。

その後の冬は、救急車を呼んだりなんやかんやで

バタバタしていた。


調子が悪い時の温度差はかなり

こたえたらしく、

いつもの覇気がなく

見た目にもしんどそうだった。


長年議員をしていたせいもあり、

人前では虚勢を張るのが仕事だった。(と思う)

なんとか任期を終え、

引退したら大手術。


なんとなく一回り

小さくなったような気がする。


若いもんの足をひっぱらんように。

若いもんのいうことを・・

少しでも私らのためにと、

おばあさんと一緒に助けてくれる。


正直、

めんどくさいと思うこともあるけど

大事にされてるなあと思うことしばしば。


これから先、

何かあれば助けてもらった返しは

したいなあ・・・

と、今は思ってる。


ただ、ほんとやっかいなのは

つれあいとよくケンカする。

そんで、私が中に入る。

もお、やめてくれ状態だが、

まあ仕方ないか。


この頃は、ふすまに穴が開くことはなく

なんとか平和に時間が過ぎている。


朝風呂場に干した洗濯物がそろそろ

乾いたと思う。

取り込んで、

たたんでしまって、仕事に行こうと思う。


夕飯

おばあさんに頼んだ












*オオイヌノフグリ


畑にかぶを抜きにいった。

あいてるところに、

一面の花。

春だなあ。

かぶは切って、梅酢につけようと思う。






閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page