3月からの働き方は。

確か、雨だったような・・・。

9時頃布団から外をみたら青かった。

予報もいまいち。


また、朝井さんの小説を理由に

布団に留まる。

彼の小説にふれると、

これまでの価値観が揺さぶられて、

何が正しいんだか、

よくわからなくなってくるところがいい。


世の中仕事はじめの今日だけど、

特に仕事はない。

少し先に北栄町で打ち合わせがあるくらい。

来週は3つ講義があるけど、それくらい。


そうだ、レジュメを送らなくては。

私にとって講義は貴重な仕事だから今日中に送ろう。

その、講義も3月からは予定が入っていない。

産後ケアも思ったほど来ないし。

うーん、どっかで働くかな。


一応助産院掲げてるけど、

全く関係ないところでもいいかもと思っている。

老人はどうだろうか。

介護っぽいのは、腰の状況と要相談だけど、

加齢で感じることや、人生の先輩方がどんなふうに

社会から、家族から扱われているのか、

そんな視点での社会勉強にもなるかもしれない。


以前、病院で働いていた時は、

やらされ感があった。

そして、

誰かや何か(でっかい組織とか)に支配・拘束され感が、

大きくなった。

性にあわないと思った。


支配に気づかず、心地よさにかわればどんなにいいか。

感謝に置き換われば楽だったかなあ。


退職して、自由になれたかというと、

結局は何かが私を支配していて、例えば

今日の献立や猫の毛をとること、

やぶれた靴下の繕いや

これからの仕事の準備や子どもの宿題や。

ひとつクリアしても、次から次へとでてくる。

まるで、もぐらたたきのように。


地域での仕事は、原野を切り開くようなもの

だから、うまくいってラッキーだと

思わなければやっていけない。

やらされ感でなく、やるしかないって感じ。


まあ、想いはいろいろめぐるけど

これからどうしよっかな~。

昨日のおみくじには辛抱ってあったけど、

どんな辛抱をすればいいのか教えてほしい。

3月からの働き方をまじめに考えようと思う。


夕飯

昨日のあんかけに緑野菜を足して、あんかけやきそば。

カボチャの煮もの。

残りご飯で納豆巻き。

インスタントの春雨スープ。


昨日の大山


電線なかったら

いいショットなんだけど。


山や星、空を見上げて

こころが晴れるときは、

気持ちが下向いている時かも

・・・。




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

砂丘