24名、未来のために。

昨日は久しぶりに年長さんたちへのお話。

私は、助産師会の命の大切さ伝え隊として活動してきた。

主には中学、高校だが

もっと小さい頃からの性の話が必要じゃないかと

つねづね感じていた。


排泄の自立ができたら

自分の性器は自分のものとして守ってもらいたい。

そして、性器を含むプライベートゾーンの清潔は必要。


1,「自分の体が好き」という体観を肯定的におさえる。

2,ちっちゃな命のはじまりから、うまれてきてくれてありがとう。

3,命を守るためには


という展開で24名の愛らしい園児たちにお伝えした。

少し予定の時間をオーバーしたが、皆静かに決まりよく耳を傾けてくれた。


「これで、卒園生にいいプレゼントができた。」

と,さらっと園長先生はいわれた。

この一言でわかった。

この園がどんな場所で何を大切に子供たちと向き合っているのか。


24名の園児の皆さん。またどこかで(小学校や中学、高校で)

お会いできるのを楽しみにしてるよ。ありがとう。



8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

8月6日