食事をかえる。嫌なことはしない。

雲が多くどんよりした空。

ゆっくり起床。

ムスメは昨夜のバレーで疲れた様子だが、

さわやかな感じ。


お茶漬けをさらっと食べ、

お弁当の豚のみそ漬け焼きを一切れ食べて

機嫌よく登校。


いつものように、ちむどんどんを見た。

自分の可能性を、

自分以上に信じて応援してくれる人。

それが親なのか。


仲間さん演じるお母さんをみながら

そう思った。


さて、私はこの頃すっごく疲れる。

夜の活字が特に厳しい。

そして、お風呂の中で寝てしまいそうになる。


なぜ。

バッテリーの消耗が早くなっている原因は、

ホルモンの大転換だろう。


ならば、対策を。

ということで、

食事を少し変えてみようと思った。


・お腹が減らないと食べない。

・野菜を多くたべる。

・コーヒーはなるべく避け玄米コーヒーにする。

・誰かとはなしながらゆっくり食べるよう意識する。

 (この時はもちろん美味しく食べれる人と食べるが大前提)

・基本寝る3時間前には食べない。

・チョコは買い置きしない。

・ナッツをたべる。

・料理になるべく砂糖は使わない。

・1週間に1日は砂糖なし日を作る。

・料理を楽しく作る。

・したくない時は、できるかぎり手を抜く。


今日はおいしそうなキャベツをひと玉買ってきて

すべて調理した。

塩もみして春巻きの具に。

千切りきゃべつ。

キャベツの浅漬け。


案外肉がなくてもいけるかもと、

正直に思った。


日常の中で決めたルールも一つだけある。

いやなことはしない。


そのことに、関わりそうになったら、

逃げる。

離れる。

近づかない。


贅沢なルールだろうか。

いいや。

50年生きてきたのだから、

いいじゃないか、これぐらい。

そう思っている。


今夜はカエルの大合唱が

すばらしくうるさい。

みんな、繁殖期?

愛のささやき?

外の世界は忙しそうだけど、

私は寝ます。


夕飯

はるまき

具:塩もみキャベツだけ。

具:アスパラだけ

具:たけのこだけ

スナップえんどうとにくの揚げ餃子

千切りキャベツ

サニーレタス(揚げ物を包んで食べる用)

まいたけの味噌汁


*シャクヤク


たてばシャクヤク・・・

ボタンのようなあでやかさは

ないけど、すっとした

スマートさがある。

かっこいいピンクって感じ。

こむらがえりに処方する芍薬甘草湯って

この根っこのことだとおもう。

花をみてるだけで、

元気になれそう。




閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示