農繁期にはいりました。

快晴。

でも・・・まだすっきり起きれない。

けど、1週間が始まる。

学校があるんだよな。

フトンから引きはがすように起床。


月曜の朝は、親子ともども試練の日。

ぶすっとした表情で降りてきた娘。

それでも、かゆいところにクリーム

ぬりつつマッサージすると、

いってきまーす。

と機嫌よく玄関をでていった。


義父母の高齢と病気のため、

農作業が私たちにシフトしてきた。

それほど、ひまでもないが毎日少しずつ

草刈りをすることになった。


つれあいは、ひとりでもできるという。

けど、いっしょにやることにした。

理由は、愛情とかそんな

甘ったるいもんじゃない。


農業って自然相手で

自由で響きがいいけど、

結構孤独なときがある。


実家は農家で牛を飼っていた。(今も)

小さいころ、手伝いを強制的にさせられた。

今となっては、あの時のトレーニングが

今の屈強な心身につながっているので

否定はしない。


けど、ここからあそこまでの

果てしない草取りや

石ころひろいは

ほんとうに心がおれそうだった。

私の場合妹がいたからよかったものの・・・。


2人でやれば早い。

やらされ感が少しは減る。

お米があるだけで、助かる。

運動になる。

ごはんがおいしい。(お腹が減って)


さてと、いきますか。

田んぼに。

9時から11時ごろまで。


昼から友人との約束があるので

昼食をとってから外出予定。

テレビでは初夏の陽気だといっていた。

お茶とタオルもって、

軽トラに荷物積んで、

いってきまーす。


夕飯

昨日のカレーに

ウズラ卵、牛肉をプラス

キャベツ千切り トマト

味噌汁(しめじと豆腐)

市販のコロッケ



*たんぼの草


晴れ渡る空のもとぶいーんと

草をかった。

結局、昼からも草刈りをして

2/3ぐらいは、終わった。

明日は10時から支援センター

なので8時から9時まで草刈り予定。

やり終えても

手の震えが止まらなかった。

今夜はチョー早く寝ます。







閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

砂丘