身体からのお便り

空は白い。

山はうっすらみえるけど霧がさらっと。

ちょびっとひんやりするので

朝食はにゅう麺にネギたっぷり。


コンちゃんの散歩へ。

小雨がぱらっとしたけど、そのままでゴー。

湿った空気の中を小走り森林浴。


帰宅後は「おかえりモネ」をみて、にっこりな気持ちになる。

その後、あさイチの誘惑にあらがえなかった。

魅力的なテーマ。「痔」について。


妊娠に関係のない

20から40代の女性が全体の7割をしめるそうでびっくり。

いきむ→腹圧→いぼ痔・切れ痔

らしい。

妊産婦さんの便秘や産後の痔のイメージがあったので

以外だった。


便通コントロールでよく処方されるマグミット。

これは、便に水分を与えやわらかくする働きがあり、

スルリと自然に近いお通じが期待できるのが特徴。

便秘がちな人が最初に処方されるくすり。


この薬を妊産婦さんはよく内服されていた。

今や、便秘薬市場は200億円弱で推移。

便秘薬のCM多いもんな。

ちなみに私は内服したことがない。


腸の働きに関心があって情報収集してみると、

・腸内フローラ(細菌叢)は膣内フローラとも連動している。

・考える腸といわれるように、脳との関係性

・免疫力との関係性

がいろいろいわれていて(本もけっこうある)

なんか、腸はすごい臓器らしい。


便は腸からのお便り。身体からのお便りでもある。

園児対象の性の話では、排泄物の大切さを伝えている。

が、もっと大切さのアピールをしてもいいかも。


TVではおしりのトリセツを5つ伝えていた。

その中の一つ。

こすらない。おさえ拭き。


女性器の排泄後の拭き方も

一般的には「前から後ろに」は知ってる人が多いが、

こすり上げるというより

おさえ拭きがいいと思う。


やっぱり、自分の性器の位置や名前、排泄について、清潔方法、を知ることは

健康教育だよなと思う。

小さい頃からぜひ身近な大人が丁寧に教えてほしいと思う。


午後からのコロナのお仕事はするするおわった。

帰りは久しぶりにたい焼き、たこやきを買って帰った。

娘、息子とで食べる。


夕食は野菜炒めに肉を別にいためてのっけたもの。

みそ汁(大根、あぶらあげ、ねぎ)

長芋の短冊切り。


さあ、明日は看護大学の打ち合わせ。

9時までには寝ようと思う。



*かたばみ

園芸品種はオキザリス


むーかしからある花。

地味だけど、よくみると

かわいいし、はっぱがハート。


主張しないけど、

一所懸命な感じがいい。


自己主張がもてはやされるけど

こんな、生き方もいいと思う。








17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

交換日記