自分のカラダと付き合っていくこと

暑い。

歳のせいか、温度調整がうまくいかない様子。

だるい。

眠い。

この頃ちゃんと10時までには就寝するのに。

なんてこった。

久しぶりのフリーな1日なのに。


からだが自分のものではない感じ。

自分のものではない・・

といえば、以前かかってきた相談電話。

数年前だが、よく覚えている。


10代後半の男子から。

なんか、もうむらむらっつうか、

ちんちんがゆうこときかんけど、

おれってへんですか??


きれいな女の人を想像しながら、

セルフプレジャーするらしく、そんな自分が嫌で

もう一人のへんな自分との付き合い方に頭を抱えて

いる感じだった。

どうしたらいいんだ・・・。


思春期になると、

得体のしれないもう一人の

やばそーうなものが、自分の中に住み着く。


性欲君とのおつきあいが難しそう。

まあ、そりゃそうだわな。


あなたは変じゃありません。

男性ホルモンがちゃんと出てる証拠です。

ムラムラは。

そういう気持ちを持つ男性はほかにもいます。

セルフプレジャーの3原則(一人で、やさしく、きれいに)を

伝えた。


これから、彼女を作りたいらしく

セクソロジー(性科学)やリプロを伝え

相手を大事にするってことは、

同意をとること。

ゆっくりおつきあいしてください。

焦らないこと。


電話かけてきてくれてありがとう。

応援しとるよ。

そう、いって電話をきったような・・。


あの彼は今頃どうしてるだろうか。

ちゃんと彼女ができただろうか。

やばい自分とうまく共存できてるだろうか。


そもそも、自分って厄介なもの。

都合のいい自分だけではなく、

私自身、やらかした経験も山ほどある。


そして、自分で生きてるようで

生かされてる。

いのちだって自分のものであって

自分だけのものではない。

やはり、そういうことを考えるように

なったってことは長く生きてきたってことなのかも

しれない。


来月で52歳。

人生の折り返し地点をすぎた。

下山といったところ。


山登りは降りるときに注意する。

体の声を無視しての下山は膝に来る。

そして腰に来る。


よたよたせんように、

ぼちぼちします。


夕飯

昨日の残り物マーボー

おかわかめのおかかぽんず

ハタハタの焼いたの

バンバンジー


*おかわかめ

もらっときはなんじゃこれ?

今は携帯でパシャっとしたら

調べてくれるので、

それを使った。

肉厚でぬるっとした感触。

栄養価はありそう。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示