竜とそばかすの姫

快晴。

昨夜はつれあいの帰宅が23時半。

寝ればよかった。

と、後悔。

朝がつらい。


鮭、ピーマンとウインナーの炒めたの。

卵焼き。自家製きゅうりのキューちゃん。

お弁当はあり合わせで。


コンちゃんの散歩をそそくさ済ませ、

洗濯ものをほし、

ささっとそこら辺を掃く。


今日は娘の友達と映画の約束をしている。

梨っこ館→うどん→映画。

映画館にいくと、ポップコーンは販売中止と店員さん。

コロナ感染が中部で二けたにいくと、

なんか決まりがあるようだ。

ちなみに飲み物はオッケーでメロンソーダを頼んでいた。


私は正直、あまり観る気がしなかった。

話題性はあったし、なんかいい歌らしいけど。

細田さんの作品はネット上の仮想空間が舞台なので、

オンチな私は理解に時間がかかる。

あの、花札のやつも。


今回はなんとか必死にくらいつき、

少しわかった。

いろんな見方があると思うけど、

私は、登場する様々な家族のありようが気になった。

虐待も伏線として盛り込まれ、

現実のセイフティネットの問題点もリアルに

描かれていた。


後半、

拭っても拭っても、マスクの中に水が落ちてきた。

この頃、おかえりモネで泣けないので

涙活にちょうどよかった。


自分のことだと、ビビッてしまう主人公が、

虐待されている兄弟のために

命をはって立ちはだかる場面が

印象的だったな。


人が強くなれるときってそんなときだよな。

子どものためにと思って頑張ることが、

結局は母親、もしくは父親自身を強くさせてるように。


娘の友人は、最後が泣けたらしいが、

たぶん娘は、ストーリーについていけなかったと思う。

歌が良かったみたいだ。

単純で分かりやすいのが彼女のいいところとしておこう。


夕食は、朝に小さいキャベツを丸々1個スライサーで細切りにして、

卵3個、粘りっこ20センチぐらいをすって加えて

お好み焼きのベースを作って冷蔵庫にIN.


焼きながら肉をプラスして、最後にお好み焼きソースと

鰹節、青のりをかけて完成とした。

きゅうりと、みょうがの漬物、キューちゃん、トマトを

並べた。


明日も仕事のつれあいは、比較的早くの帰宅で20時半。

今は娘と寝そべって、ワイスピを見ている。

わあ、このひと半ズボンからおしりが半分でてる~。

なんていいながら、

つれあいと娘を猫と犬が挟み、

扇風機がまわる。


私は、へとへとだ。

風呂にはいって寝ようと思う。


*ゲンノショウコ


薬草。

今ちょうど白い花が咲いている。

日陰で干してストックして、

少しずつ何かのお茶に混ぜるか、

単独で煎じるときもある。


ドクダミもそうだけど、

花が咲く時が採り時みたいだ。

チョンがってるのはタネ。








13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示