私の引き算回復法

快晴。

今日は早起き。


昨日は夕食を抜いた。

給食係なので、

家族の食事は作った。


朝を抜き(起床が遅かった)

昼食を普通に食べ、夕方

お腹が減らないのでコンちゃんの散歩に

行った。

良く動いたつもりだったけど、

お腹が減らない。

そして、お腹からのお便りも

すっきり来ない。


で、食べるのをやめた。

今朝は5時ごろから目が覚め

しばらく布団の中でもぞもぞしてたけど

6時前には起床。


カラダが軽くスイスイって感じ。

もらい物の野菜を友人宅に届けたり、

洗濯、掃除等朝のルチーンワークは

難なくこなせた。


この頃、入れる方も気にしてるけど

どっちかというとだす方に気を配っている。


大きなお便りはお腹からの

ラブレターだと思うようにしている。

たかが・・という人は多いが、

お便りがないなんて

やばいことだと思っている。


あれっ…って思う時(お腹が張ったり、調子が悪い時)

の対処法として、

私は足し算ではなく引き算をしている。


薬や、便秘にいい食べ物をプラスするのではなく、

入れない。

消化器を休める目的で。

そういう意味での夕食引き算だった。


カラダには治癒力があるので、

消化にエネルギーを使うことなく、

休日をあげれば

回復していくような気がする。

たいていの不調は寝れば治るに

通じる考えだと思っている。


動物なんて調子悪い時はまず食べない。

じーっとしている。


それから、フン詰まりってって心にも

つながるかな・・なんて。

どっちが先かはわからんけど。


食行動とストレスは大いに関係がある。

やけ食いとか、過食、拒食は心の問題。


以前病院で助産師外来してて思った。

体重増加が多い人はストレスが多そう。

だから、体重うんぬんでなく

その裏にひそんでいる心の声を

時間が許すかぎり聴くように心掛けていた。


人生半分くらいが過ぎたと思う。

美味しいものを、

美味しく食べたい。


そのために美味しく感じられる身体。

入ってくるものは個体、液体

時には目に見えないものもある。


それらが心や体に染みわたり

それぞれの栄養になりますように。


そして、排泄は快楽。

入れたらだす。

でなければいれない。

・・そう単純ではないかもなあ・・・。

まあ、ゆるーくです。

あくまでゆるーく。


夕飯

お刺身(アオハタ、アコウ)

昨日魚をもらった。

アラ汁(アラの味噌煮みたくなった)

わかめのゆでたの(昨日の)

もずく(昨日の)

きぬさやの卵とじ


*山登り・見上げたら


久しぶりに若杉山へ。

なだらかな山道を

ゆっくり上った。

ふと上を見上げると、

木の葉がゆれて

気持ちよさそう。

やっぱり山はいい。






閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

砂丘