私の努力がいること

外が青い。

…雪ではなさそう。

9時過ぎに目覚めた。

しばらく足や腰を布団の中で伸ばしたり曲げたり

ストレッチして、だんだんクリアになった。

そして、

枕元にあった朝井リョウの小説を読み始める。

・・さすがだ。

朝井さん、あなたは裏切らない。

新年早々、朝寝、朝読書。


お昼ごろ、息子夫婦が子供を連れてきた。

夕方まで預かってほしいとのこと。

ついでにお風呂もいれといてほしいと。


了解。

特に用事もなかったので。

オムツを変え、ミルクを哺乳し、

お風呂に入れて、迎えを待った。


6時半頃、息子たちはきた。

ご飯をたらふく食べ、

眠そうな目をして帰っていった。


ほんとに若い夫婦。

これから、この2人にどんな道が待っているのか。

小さな子供を抱え、

どんなふうに生活し、親になっていくのか。


側でみていて、危なっかしいなあ・・

と思うことやドキドキすることもある。

無知から来るものやいい加減さからくるもの、

それらにイライラすることもある。


この前、用事があってアパートに行ったら、

皆がいなかった。

外は雪。薄暗い。

どこに?

急いで連絡したら、ナフコに来ていると。

はあ・・・?

なんで、今?

この雪の中、なんでいかんといけんの?

赤ちゃんつれて、今かよ。

だんだん、腹が立ってきた。

・・・結果、息子と大喧嘩して私は帰った。


これまでなら、個人に対して感情をぶつければ

よかったが、

親になるためにどんなアプローチがいいのかを

考えながらなるべく感情的にならず、

話す努力が強いられる。

私の努力だよな。

きびしー。


自分たちの思い描いていた子育てと、

何倍も違う状況に一生懸命に適応しようと

もがいている若い二人。


手を出しすぎると、うーん。

拒否ってしまうと自分たちでなんとかしようと

追い詰めてしまうかも。

そこら辺のバランスが難しい。


昨日はお米に、お餅、きな粉、キウイをもって帰った。

今夜は明日のお弁当のおかずに野菜とお肉炒めを持って帰った。

息子も若いお嫁ちゃんも、ご飯をたくさん食べてくれる。

とりあえず、食べて、なんとか寝られたら、

後は時間稼ぎかな。


そうだ、お年玉をあげるの忘れていた。

次回きたら、あげよう。


夕飯は

手巻き寿司(シーチキンマヨ、肉炒め、納豆、長芋千切り、なます、

たたきごぼう、レタス・・・あるものを巻いた。)

茶わん蒸し(春雨、エノキ、エビ、ゆりね)



*さりげなくお月様


また、雪が降った。

山は白く空は青い。


コントラストがいいわぁ~。

なんて眺めていたら、

あらっ、お月様。

雲が大きく流れていたので

その隙間にみえた丸いもの。

久しぶりの、朝の

お月様でした。



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示