私のパートは予期しない妊娠

うすい青とさらっとした雲。

天気は悪くない。

朝の行事はすんだ。

おかえりモネをみて、

コンちゃんの散歩へ。


小さな桃みたいに大きく、

オレンジと赤が混ざったような梅を拾ってかえる。

ランチを息子がおごってくれるというので、

朝はたべず、お茶でしのぐ。


さてと、今日は鳥取へ。

定時制の高校へ出前教室。

私のパートは予期しない妊娠。


予期しないことは妊娠に限らずある。

けれど、こと命に関しては・・・。

予期しない妊娠は、10代に限ったことではない。

20代以上でも、結婚していてもある。


私たち人間が生き物だということは、

生殖のシステムが備わっていて、

意志とは無関係に体は命をつなぐために

虎視眈々とチャンスを狙っているように思う。


いのちの単位である細胞は、増殖やコピーはできるらしい。

けれど、科学の英知を結集しても、

細胞一つ作りだすことができないらしい。


いのちが生まれる仕組みは知れば知るほど唸ってしまう。

神秘、不思議なんて言葉には収まりきらない世界がある。

奇跡に次ぐ奇跡の連続。


男女の出会い

何億もの精子、だいたい月に1個排卵する、

限られた時間しか生きていられない卵子。

受精卵になったとしても、すべてが子宮にくっつけるわけではない。

たとえくっついた(着床)としてもそれが順調に元気にうまれてくるとは限らない。

元気に生まれたとしても、今に至るまで生きてこれたのは・・・。


いのちのしぶとさを何回も見てきたし実感したこともあった。

けれど、いのちのはかなさもある。


今日の生徒さんたちは性に関心・興味のあるげんきな子が数人いた。

緊急避妊を語らせれば100点の生徒もいた。

拍手してしまった。


予期しない妊娠。

でも、お母さんが産むと決めた時からその子は

待ち望まれた命。

産めない時、残念だが、仕方ないこともある。

そういうこともあるよ。

それぞれが置かれた状況で、一生懸命に考えた結果でた答えなら

それでいいと思う。


産む人を助けるとかいて助産師。

産まない人、産めないひと、産もうとしている人、産む能力がなくなった人、

そのような方にも寄り添いたいなあ。

私たちは性と生殖の健康と権利の専門家でありたい。

これからも、学校への出前教室は細く長く続けていきたいな。


*魚見台

気高町の9号線ぞいにある高台。

眼下にひろがる海。

海は広いなあ。大きいなあ。

しばし、ぼーっとした。


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示