top of page

異次元の少子化対策ってなに?

つい先日の

岸田さんの発言。

「異次元の少子化対策をします」


異次元って、なに?

これまでにないってこと?

宇宙スペクタル的にでっかいってこと?


なんて思いながら、

じゃ―何するのってワクワクしながら内容をみたら

正直がっかり。


①児童手当など経済支援強化

②学童保育や病児保育、産後ケアなど全ての子育て家庭への支援

③仕事と育児を両立する女性の働き方改革の推進


やっぱ、おっさんの考えることっていまいち。

これで異次元なんて言葉を使うな。


子どもは宝。

私たちだけでなく社会や国の宝。

国のためにもいい人材をいっぱい

作ろう企画で教育費無償化とか、

もちろん給食費無料は当たり前にしてほしい。


産後ケアなんて、

うたってはいるけど、

絵にかいた餅みたいな使い方をしてる

行政はわんさかいる。


リスクのある人だけじゃなくって、

どんなお母さんも皆等しく受けられる

(もち、無料)サービスであってほしい。


女性の働き方って、

それってジェンダー教育をまずは

盛り込んだ方がいいんじゃないの??

誰にって、としより達に。


だって、いまだに

俺は仕事、お前は家で‥なんて言う

化石みたいな人間が会社や組織の上の方にいて

若い人がいくら夫婦で子育てを

頑張りたいと思っても、

めんどくさいおっさんらがにらんでくるのが

現状でしょ。


ちなみに、おばさんも

私らの頃は育休なかった。

しんどくてもでてきて働いた。

今の人はいいよなあ・・。

なんて、足をひっぱるのもいるんで

これも厄介。


ワタシ思うに、

やっぱリプロでしょ。

リプロの権利が徹底されることが

盛り込まれていないのが

腹が立つ。


この内容①~③は産むのは前提というか

産んだらの話でしょ。

でもな、岸田さん

私のカラダは私のもの。

だから、決めるのはワタシ。


産む、産まない。

私は国のために子供を

産もうなんて1ミリも思ったことはない。

子産みマシーンじゃあるまいし、

そんな人いないと思う。


ただ、産むならサポートはありがたいし

助かる。けど、

もうちょういと早くにしてほしかったし

危機的状況な割に

まだ悠長なことをいっとんなるなあと思う。


どうせ異次元なんて言葉を使うんなら、

もっと大胆な政策をしたらいいのに。

人口増加に成功した

国々から教えてもらいないなって思う。


文句しか言わない、おばあさん化してきたので

ここらへんで終わりたいと思う。


夕飯

鶏肉のトマト煮込み

(サトイモ、きゃべつ大量投入)

じゃがいもと玉ねぎの味噌汁

漬物













*ゆずジャム


果汁をとったゆずを

2,3回ゆでこぼし

白いところをなるべくとって

うすーく切って

砂糖+果汁+水+切ったゆず

煮詰めて完成。

これこれ、

ゆず茶もいいし

バタートーストにもグー。

食べ過ぎ注意。









閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page