甘え上手になろう。

更新日:10月7日

暗い。

5時。

白み始めたのは5時半。


眠い目をこすりながら、

何かにひっぱられるように階下へ。

てきぱき子で朝のルチーンをこなす。

友人とのデートのためにと思えば

仕事がはかどった。


おかえりモネをみて、休憩してると

らいちゃんとコンちゃんがすり寄ってくる。

片手でそれぞれをなでてやると、

もっとしろとばかりに前足でトントンしてくる。

はいはい。

掻いてやると至福だわ~って感じでお腹を見せている。

この子たちは甘え上手。


さあ、コンちゃんさんぽ行くか。

と声をかけると

素早く立ち上がりピョンピョンはねて

ハアハアいいだした。

この犬、言葉わかるんかなあ。


今日の海潮音(日本海新聞)に聴力ベスト3が載っていた。

イヌ、イルカ、コウモリらしい。

中でもイヌは聞く力も抜群らしい。

聴く力と言い換えてもいいかもしれない。

きっと、コンはわかっているんだな。

この言葉が、ピョンピョン跳ねるぐらい嬉しいことだって。


わかりやすいな。

これぐらい、素直でストレートだと面白い。

娘もけっこう単純でシンプル。

思春期に入り、時々小難しいことを

口にするようになったが、

甘え上手は健在で

寝る前必ず 

「今日もしてくれる?」

とマッサージを催促してくるときは猫のようだ。


今日は友人がランチをおごってくれた。

パフェもコーヒーも。

誕生日(もうすぐ私の)ということで。

初めていくレトロっぽいカフェで

美味しい時間を過ごした。


いつもは申し訳ない気持ちで、

彼女の想いをちょっぴり重く感じた時もあったが、

ありがたく、頂戴いたしますわ。

今はそんな心境になった。

51を目の前にして少しだけ

甘えるハードルが低くなった気がする。


これから歳をとっていけば、

人にお願いすることが増えるだろう。

甘えることに躊躇して卑屈になるんじゃなくて、

かわいく上手に甘えられるよう、

訓練しなくては。

・・・なんて思ったけど、

かわいく甘えるなんて柄にもないんだけどな。

まっ、いいか。



*アメジストセージ


ビロードの触り心地いいセージ。

紫に白が混ざったのがあるけど、

私は、これがいい。


花期が長く晩秋まで

楽しませてくれる。

セージはいっぱい種類あるけど、

これは上位にランクインだな。









16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示