猫ちゃん。

6時過ぎ、つれあいは仕事に。

私はもう一度夢の中へ。

・・・と思ったら猫が来た。

顔の横でちょこんと座った。

おいおいといわんばかりに、私の顔を手でなでる。

その時、爪を引っ込めて痛くないように加減してくれる。

このこ、ちゃんとわかっとるなあ。

感心してると、

まあるくなって寝始めた。


まじまじとみると、猫ってきれい。

肉球なんてぷにょぷにょして心地いい。

滑らかな体は、チョーやわらかい。


このこは、なに考えとるんかなあ。

面倒みてるようで、

時には癒され面倒を見てもらっている。


そういえば、子育てもそんな感じ。

育児は育自。

我が子を育ててるようで

同時に自分が親として人間として育てられている。


けれど、それにはかなり(個人差もあるが)痛みを伴う。

だから、やらされ感や周りとコミュニケーションが

とれなかったりすると、

支配や暴力に変化していくのかなあ。


私たちがもっと計画的で、子育てを少しでも想像できたら

この国や地域の子育て支援を知ったら

せいぜい子供は2,3人だったろうな。


だいぶ前、子育てにかかるお金を計算して今は無理と

先延ばししていた友人がいた。

やっと、お金がたまったら不妊になっていた。

そして、義母の介護が加わった。


何が正解か、本当にわからない。

まあ、妊娠のスタートがどうであれ、

望んだ出産になれば、育てる覚悟を決めたら、

チャレンジしてみる。

こりゃ、無理。ダメだ。

と思ったら助けてくれと言える勇気を持ちたい。


あす、新入り猫ちゃんの生殖能力よさようならの手術がある。

要は、避妊の手術。

猫は交尾の刺激によって排卵するため、

交尾をした場合かなりの確率で妊娠をするらしい。

なので、手術は飼い主の責任というか、義務だと思う一方、

せめて、1回はお母さんにしてあげたかったなあと

思ってしまうのは私ぐらいだろうか。

・・・悩むな。


当の猫ちゃんは椅子の上で丸くなっている。

寝姿も見てるだけでほっとするなあ。

明日は、この子にとって、試練の1日になりそうだ。




*萩の花と赤とんぼ


おはぎの時期だ。

野生の萩はピンクが多いような気がする。


赤とんぼは久しぶりに見た。

ほんとに赤い。

トンボのシャキッとした飛び方は

潔さを感じる。


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

交換日記