沢村貞子さん。

4時ごろ。

いつの間にか猫が隣にいた。

首にカラーをしてるので、寝にくいだろうに

寝息をたてている。

6時。

そーっと、起きたが彼女も目覚めて

階段を下りるときは先導してくれた。


昨夜ちょうど日にちが変わる少し前まで断捨離していた。

今朝は台所からとりかかった。

しばらくよく動いて、娘も降りてきたので

朝食とした。


昨夜から砂出ししていたあさりは

赤だしのみそ汁へ

納豆(からしと付属のたれを入れる)、アボカド、みょうが、シソの実。

これらを白ご飯(昨夜の)の上バランスよくおき、卵をポテン。

最後にのりをぐちゃぐちゃにして散らした。


ちょっと朝から食べ過ぎてテレビの前でゴロリ。

365日の献立日記を見る。

沢村貞子さんの、滋味あふれる日々の献立を再現したもの。

できる限り毎週予約している。

彼女の本はかなり読んだ。

かなりの文才。

そして、料理家。

そして愛夫家。


本には、2人のなれそめから、正式な結婚への道のり。

そして、突然の別れ。

その後、みつかった夫からの手紙。

その手紙には、

自分が果報者であること。

貞子という女性に巡り合えた喜びが書かれていた。

今思い出しても、涙がでてくる。

最愛の人を亡くしてから彼女は料理を作らなくなった。

映画になってもいいようなラブストーリー。


この、料理番組は見るたびに彼女の夫への

想いを感じ、

ああ、もっとやさしくしなければ。

2人で美味しいご飯を食べれるような空気を作らねば。

と思う。

思うのだけど、昨日けんかしたばかり。

貞子さんにはなかなかなれない。。


いっしょにご飯をたべることは、

その場の雰囲気も一緒に食べている。

その時の体調や温度、湿度も関係してくる。

気持ちよく、美味しく食べるのは実は簡単ではないかも。


貞子さんの番組は5分かそこらで短い。

引き続き日曜美術館を見る。

世の中には、こんなにすごいものがあるんだなあ・・

こんな時だからこそ、きれいなものを見て、触って、感じるのも

大切なんだなと思った。


2階の私の部屋のリニューアルおーぷんはもう一歩。

今日はもうできない。

眠いので。

明日は降水確率0%。

朝から洗濯機フル回転の予定なので

お休みなさい。


*花虎の尾

昔からある、

珍しくもなんにもない花だけど

よく見ると、かわいい。

ほわっとしたピンクもいいな。


ちなみに花言葉は

「達成感」

今の私にはピッタリだ。

(大掃除中なので)


奥に見えるのは

ゲンノショウコの白い花。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示