気の向くままの日曜日

雨は降っていないようだ。

全くの快晴ではなさそう。

どっかで鳥が鳴いている。


今日は日曜日。

こころゆくまで、自分にわがままで

だらけたい。

まあ、共同生活なので周りに害を与えない程度

だけど。


で、気の向くままに本を読む。

起き上がったのは11時前。

向きを変えつつもそろそろ腰が痛い。

目覚めから3時間近く文字を追っていたらしい。


つれあいは、猫によばれて階下へおり、

普段は私がしていることを、

してくれた。

やっといたよ。

これがなければもっと、

好きになれるだろうにと思う。


今日はこれから、本を返しに行く予定。

リクエストのかかってる本なので、

最も欲しいところを書き留める作業を

しようと思っている。


以前は購入しようと思っていたけど、

可愛くない値段なのでエイっと飛び越えられない。


私の読書は、

同時並行に数冊を読みすすめる。

眠る前は小説系が多い。

この頃はからだに関するものが多い。

教科書(理科や看護、助産系の)

では教えてくれなかった、

からだの不思議。


ページをめくるたびに、

人体は小宇宙という言葉が頭をかすめる。


医学、公衆衛生学という科学の発展は

素晴らしく立派だと思う。

けれど、それは絶対ではないし

むしろわかっていないことの方が

多いような気がする。


いい気になるなよ。

知ったふりするなよ。

様々な本が、新聞の切り抜きが

教えてくれるよーな気がする。


さて、そろそろ時間なので

次の作業に移りたい。

では、このへんで。


夕飯

やきうどん

まいたけときぬさやの味噌汁

キュウリと春雨の酢の物

*あざみ


ララバイ一人で

眠れない夜は・・と続く

中島みゆきの

アザミ嬢のララバイ。

そうか、夜に咲くのか。

とげとげはいやだけど、

しっかし見事な花。






閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示