気が付かなくては。


夜中、思いついたことがあった。

仕事のこと。

1,2時間グルグルしていた。

アドレナリンがでていたようだ。

いつもの起きる時間になっても

かなり、眠い。

目がシュワシュワしている。


昨夜残したオムライスを温め、

春雨スープをおなかに収めた娘。

調子は悪くなさそう。

いってらっしゃい。(娘)


さて、ニュースをみていたらなんとも

悲しい事件の初公判が報道されていた。


育児放棄によって3歳の女児が亡くなった。

その母親は、自身も被虐待児であり、

虐待サバイバーであった。


まさしく負の連鎖。

桐野夏生の砂に埋もれる犬、を思い出す。

幸せになりたい。

愛したい。

愛されたい。

その歯車がかみ合わない。


幼少期に何らかの理由で施設に預けられた

子どもたちは退所後、

すぐに妊娠しそして離婚するケースが多いと聞く。


ニュースを調べると

信じられない。

そうだんしてほしい。

頼ってほしい。

・・・。

いつもの反応が列挙されていた。

私も以前はそう思っていたんだよな。


けど、今は変わった。

信じられない経験をしている子がいること。

相談できるひとがいないこと。

頼れるひとがいないこと。


信じてもらうには

頼ってもらうには、

相談してもらえるには

どうしたらよいのか。

そう思うようになった。


30数年前看護学生だった頃、

施設へボランティアにいった。

目の前で両親の焼身自殺を

体験した女学生が受け持ちだった。


彼女は今頃どうしているだろうか。


今までいろいろ言い訳してきたけど、

そろそろ動かなくては。


正直自分に何ができるか。

知ることで何かを引き受けてしまい、

そんな器が私にあるのか・・。

迷い、悩む。

でも、動かなくては。

びびる気持ちにはっぱをかけた。


夕飯

お肉と野菜のいためもの

みそ汁(白菜、ネギ)


*久しぶりにライちゃん


名前を呼ぶと

カメラ目線になってくれた。

足に巻いてるテープは

床ずれの治療。

あと、もう一歩。

よく寝ているライが

起きてる貴重な時。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示