top of page

母乳バンク


「小さな赤ちゃん守る」

内容知る 3割止まり  母乳バンクQ&A

こんな記事が新聞に載っていた。


実は、海外の母乳バンクは知っていたが

日本にあることは知らなかった。

東京都内に2か所あるそうだ。


母乳バンクとは

体重1500グラム未満の早産児に

母親が母乳をあげられない場合に

活用するものらしい。


日本は世界でもトップクラスの

医療水準をもち、

新生児死亡率は世界で最も低い国。

赤ちゃんの助かる国ナンバーワン。


早産児は、

本来なら母親の胎内で成長する時期に

生まれる。

そのため臓器や消化器の発達が十分ではない。

粉ミルクや点滴での栄養補給は

カラダに負担がかかる。


そこで、母乳の登場。

母乳には消化管を成熟させ免疫力を高める

働きがある。

天然の薬のような存在なのだ。


母乳はいいもの。

そんなこと知ってる。

でも、でないんです。


母乳、母乳ってうるさい。

ミルクでも十分に育つ。


これまで何回となく聞こえてきた。

お母さんたちの言葉。


母乳哺育がお母さんたちを

追い詰めてることもある。

それに、体重増加が少ないとすぐに

ミルクを足してくださいという医療者も多い。


けれど、思うに

母乳はうまれてすぐに十分な量がでるものでは

ないことや、

頻回の刺激が必要なこと。


母体の心身の疲労も大きく

影響してくること等の母乳にまつわる

知識や情報が必要だ。


これはお母さんらの努力以上に、

私たち助産師を含む医療従事者の怠慢もあると思う。

ほんと、大いに反省。


授乳姿勢で肩こりや疲れが変わってくるし、

乳頭に対してまっすぐに乳児の口が入らないと

トラブルの元になる。


でないおっぱいよりも、

でるおっぱいの方がトラブルが多い。


母乳。

この神秘なる液体。

当たり前のような

そうでないような。


懐かしき母乳ライフを

しばし思い出した。


夕飯

塩鳥

昨日のサバ

ピーマンの炒め物

いろいろ野菜の味噌汁










*光


雲の隙間から光が

差し込んでいた。

かすかな希望が

天から舞い降りてるようで

しばし見入った。



閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

またかよ

bottom of page