朝は忙しい。けれど・・・

おはようございます。

朝は忙しい。

昨夜8時に寝た娘が起きてこない。

昨日の給食は和牛が出たみたいでいっぱい食べて、帰宅後うんちがゆるい。

夕食は粗食にし、アロマのマッサージをして布団の中へ。

今、思えば梅醤番茶飲ませればよかったな。


おにぎり、みそ汁、漬物、お茶。昨夜の南蛮漬け。

おいしく食べれた様子。

洗面所に行き、身なりを整え残すは出発までに10分。

「あっ、宿題してない。やろ。」

「もう、やめなさい、間に合わんよ・・・」口調荒く、半ば呆れて放つ。

「できる」と彼女も負けない。

さっさと宿題を取り出し、プリントをもくもくと驚異の集中力でこなしていく。


あきらめない力。

小さな彼女からのメッセージと受け取った。


ささやかな日常からハット気づかせてくれる場面は無限にある。

忙しさで心をなくしたり、こころの不感症になった時はまずい時。

ありがとうがいえない。怒りが消えない。そんな時はやばい時。

人生50年付き合ってきた自分。

自分のトリセツがだいぶわかってきた。

そして、自分はどこにむかって舵をきればよいのかが少しだけみえてきた。


あせらず、あわてず、あきらめず、

粛々と暮らしていきたい。そして、ほどよく丁寧に。




4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示