top of page

懲りない母

今日会社で講義をした。(2回目)

内容は更年期

対象は40~60代のほぼ

男性の会社だった。


更年期だけは面白くないので

実際学校で使っている

ペニスエプロンと子宮エプロンを

着用してホルモンの大きな変化に関連して、

射精と、排卵、月経に関してを淡々と

話した。


言葉少なに、

じーっと見入っていた男性社員は

どのような思いだったんだろう。


そんなことを、夕飯時おかずにした。

すると、

俺らの頃は男女別々に

そんな話があったよなあ。

とぽつり。


そうだ。

と思いつき、

今から精子クイズをします。

精子の弱点を2個あげてください。

と2人に投げかけた。


一つは簡単にわかった。

熱に弱いってことだ。

もう一つが難しかった。


つれあいは

口をもぐもぐしながら考えていた。

ムスメは恥ずかしそうにしながら

それなりに考えていた感じ。


体力

と答えたのはつれあい。

意味わからんわと返したら、


「出たとこ勝負で

卵に会うまで体力いるがん」

との返答。


そうじゃなくて、弱点だよ弱点。

ムスメは無言。

降参。


実は空気でした!!

と高らかに言い放つと

2人ともぽかーん。

だって、考えてみてよ。

なんでちんちんは長いの?


おかあさん・・・

食事中にいわんでくれん。

じろりとにらまれた。


まあ、そうだよな。

でもな、これってエロとか

いやらしいとかそういう事じゃ

ないだで。


まあ、わかるけどさあ。

といいながらそそくさと食事を終え

その場から逃げるように

テレビの部屋に行った。


まあ、こんな話題を

夕飯時にする家族ってそうおらんよな。

確かに。

すんません。


次はお風呂の時に

話してみよう。

懲りることなく、そう思う母でした。


夕飯 

白菜鶏肉の重ね煮

納豆卵(ムスメとつれあい)

つけもの












*はくさい


一抱えもあるような

でっかい白菜。

250円で購入。

養生3宝でもある白菜。

大すきだ。

さてと、いっぱい作れるぞ。

頑張ります。



閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page