性について思ったこと。

今日も快晴。

日本在住のミャンマー人のニュースをみて涙し

おちょやんみて涙し、

コンの散歩へ。

風が冷たいけど、いい感じ。

散歩の農道は田植えに備え周りの草を散髪し、すっきりしてきた。


午前中は支援センターでプライベートゾーンについてを

4人のお母さん方と話す。

後半は、女性ホルモンのことになった。


産後、パートナーのことが疎ましく一挙手一投足に腹が立った。

という話で盛り上がった。

これは、オキシトシンという授乳に関するホルモンが関係していること。

産後はホルモンが台風のようになっていること。

そんな女性の体のことを男性がしらないこと。

きっと、それは産後クライシスにつながってくるってこと。


月経(生理)についても、男性は知らないことが多い。

TVで生理の貧困やPMS、月経痛についての番組をみて、

「だけ、怒っとったかあ・・・」と、パートナー。


子どもの包茎について、どうやって?

そんなところ、触っていいのかと思っていた。とマザー。

パートナーの悩みというか男性の悩みである包茎について、

私たち女性はほんと何も知らない。


知らなければ、これから知ればいいと思う。

私もこんな商売してなければ、知らなかったと思う。


生理のこと、射精のこと、性欲のこと、セックスのこと・・・。

これまで、なんとなく、空気、機嫌を損ねたくない、

ってことでごまかしていたことを、

ちょっと勇気をもって言葉にしてみる。


私の場合、高校生に話す練習でつれあいに聞いてみたこともあった。

そこで、初めて知ったこともあった。

まじか?ということも多数あった。


性のことって、よくわからんこと多いし、

面倒なこともある。


正直、考えても考えても

こうだ!なんて言えない。

いっぱい、失敗もしたしな。


1+1のように簡単に答えが出ないこと。

だからこそ、面白くて考えがいもある。

挑んでみようではないか。

その問いに。


人生後半戦。

宿題の一つにしようと思う。




         *私の勉強机からみた風景。

          そうです。庭=山。

          3種類のもみじが外には広がっていて、

          今、もみじの花がくっついてます。

          ブーメランみたいな変わった花。

          虫が入ってくるのが難点だけど、

          贅沢な私だけの部屋です。 













15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示