思いがけない妊娠。

雨。

昨夜からずっと降っている。

シトシト、サラサラ、

じっとしてるとなんだか肌寒い。


つれあいは疲れなのか加齢なのか、

お酒の量が少し増えると夜中大声をだす。

のんでもいいけど、別のところで寝てな。

って、いうのに横で寝る。

昨夜も大声をだして、

腹が立ってお弁当作らんけな。

といったような気がするけど、

起床するといつもの習慣で作ってしまった。

どうする?

しゃあないけ、持って行ってやる。

と、のたまうので

ご飯をぎゅうぎゅうに押してもたせた。


コンちゃんの散歩は雨降りの中防水ズボンをはいて

傘をさしていつものコースへ。

雷がならないので、ピョンピョン飛び跳ねて尻尾を派手に振っていた。

お気に入りの草があって、よく食べた。


来週、北高2年生に出前講義をする。

私のパートは、予期しない妊娠。

以前は望まない妊娠といわれていたが、

望まない・・・か。

うーん・・・。

今は思いがけない妊娠ともいうけど。


結婚していてもしてなくても、思いがけない妊娠はある。

5番目の娘は正真正銘の思いがけない妊娠だった。

因果応報といわれたらそれまでだけど、

4番目から10年あいての妊娠に周りからは

再婚?

染色体の検査する?

大変だなあ。

と、様々。


迷いが全くなかったかといえばウソになるけど、

でも産みたいと思った。

つれあいは、自分の収入で家族が養えるかと悩んでいた。

・・・っていってもその時は私も働いていてむしろ多かったんだけど。


検査はすすめもあったがしなかった。

どんな子が生まれても引き受けようと覚悟した。

だって、こんないい加減な私にもう一回チャンスをくれる。

もう一回サラからお母さんやらしてくれるって、

チョーラッキー。

周りがネガティブワードを口にしようものなら

根拠もないのに

だいじょうぶ。なんとかなる。

全てこれで押し切った。

はじめこそウジウジしていたつれあいも、腹をくくったのか

生まれてくるのを楽しみに待った。


10代、学生。

そんな条件下での妊娠はほぼ思いがけないものだろう。

どちらの選択にしてもしんどいだろうな。


ここでカミングアウトすると、

息子たちは10代どうしの思いがけない妊娠だった。

そして、産むことを選んだ。

これから、出産が控えている。


まじか。

ああ、きてしまった。

やばいと思っていたことが現実となり、

職業柄性教育をしている手前落ち込んだ。

知り合いからは、

なにい、ちゃんと性教育せんかったか。

といわれ、人の子よりも自分の子にちゃんとしたらどうよ。

といわれてるような気がして、気持ちは急降下した。


だよな。

まあ、反論できない。


でも、落ちこんでる暇はない。

それに、どっちみち応援しかない。

びっくり仰天の出発だけど、大丈夫。

待ってますよ。

若いお父さん、お母さんだけど

でしゃばらないように、支えていくよ。

だから、ありがとう。

きてくれて。

今は心からそう思っている。


友人の助産師たちに報告した時、

エキサイティングだな

よかったが,可愛いでぇ。

まじですか、・・

反応はいろいろだったが、

助けてよ。とお願いしておいた。


小4の娘は自分のことをなんと呼ばせようかと

考えている。

おばちゃんはかわいそうだな。

私は、それに「あ」が付くのか。

いやあ、それないわ。

そこらへんはまだ、納得のいく答えはでてないけど。

来年の今頃はどんなだろうか。

全く想像ができない。


さて、久しぶりに夕食。

カボチャと牛肉とナスの煮もの。 

焼き豚ときゅうり、トマト、みょうがのサラダ。

パックのめかぶ。

お汁はめんどくさかった。


*うちの家族


命がいっぱいだなあ。

以前つれあいがポツリ。

手前の新入りはメルちゃん。

はじめこそしゃーって

いってけんかしたけど

今はみんな仲良し。







21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示