忘れる生き物

快晴。

日曜日。

昨夜の打ち合わせ(家族)では、

各自10時ごろまでは自由。


11時を目標に出かける

予定だったので、いつものように

朝読書していたら、

つれあいが起こしにきた。


実は1週間前から、寝室を別にしている。

サイアク、サイテーで

この家でてやる。

この結婚を本気で呪った。

って感じの紛争ぼっ発だった。


名もなき家事はほとんど

私の役割。そして、決定的だったのは

仕事で帰宅すると酒を飲んで

一人いい気持ちでテレビをみていたこと。


そして、それを名指しするときれる。

会話にならない。

言葉を持たないつれあいを責める。

逃げる。

負のスパイラルだったな。


私も逃げるように自室に籠った。

うちは古い木造家屋。

建坪が100もあるので、

正直無駄に広い。

ならば、その広さを利用して

なるべく出会わないように心掛けた。


多分、それがよかったのか

むこうが明らかに変わってきた。

数ある変化の中で一番大きかったのは

彼が自分の言葉を持ち始めたこと。


これまでは怒ると態度で示し、

俺はもうしゃべらん。

といって、逃げていた。


けれど、この頃は嫌な思いのすることでも、

言葉は足りないけど一生懸命に話そうとする

意欲が感じられる。

対話になっている。


20数年連れ添った相方だが、

やっぱり他人なんだよな。


一番身近だからといって

手ごわい相手なんだと思った。


今では和平協定を結び

日常生活はいたって平和。

だけど、一人の気ままさが気に入って

まだ別室のまま。


以心伝心は我が家は無理。

おもいこみは勘違いの元だし、

空気をよんでも、従わないことも大事。


すべて相手が悪いとも思ってない。

私の場合、口達者が災いするときもある。


後で後悔しないように、

このやろう!!と思っても

ぐっと飲み込んで、

自室に籠り時間稼ぎを

しようと思う。


ああ・・でもまた忘れるんだよな。

きっと。


夕飯

ちらし寿司

(アナゴ、えび、漬物、油揚げ、キュウリ、卵)

バイ貝煮つけ ジャガイモバター

ブロッコリー

シイタケと卵豆腐のすまし汁

おばあさんが何かのお祝いかと

尋ねたが、冷蔵庫の残り物。



*桜


眼下に東郷池。

旧桜小学校へ花見へ。

風が冷たく、

車内でお弁当。

娘はうなぎの弁当。

つれあいは大山おこわ。

私は2人から少しずつ分けて

もらった。






閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示