必要とされるありがたさと犠牲について。

6時半。

やばい。

まあ、こんな時もあるさ。


今朝も娘の寝起きはよく、すがすがしく降りてきた。

就寝時にモモを読み始めて1週間たつ。

たいぎいわ・・やるっていうんじゃなかった。

正直そう思うこともある。けど、

続けていこうと思う。


眠い目をこすりながら読んでると、

お母さん、もういいよ、寝ても。

と声をかけてくれる時もある。

じゃあ、お言葉に甘えて。

1ページでおやすみを伝えて

部屋を後にすることがある。


子どもたちが小さい頃、

寝るときにいろんな絵本を読んでいた。

まるで義務のように。

ときどき文章をとばしてよんでいたなあ。(早く終わるように)

時には勝手に物語を変えたりもした。(気分によって)

文章を歌詞にして歌ったこともある。(時々子供が口ずさんでいた)

絵本を持つ手も疲れるし、ああ・・って感じだったなあ。


足を投げ出してくるので、

マッサージしながらの読み聞かせ。

多分そんなによく聞いてないだろうに、

毎晩、今日はよんでくれる?

と聞いてくる。

うん。(私)

じゃあ、まっとるけえな。

と、自室へかけあがっていく。


いつまで、こうやって聞いてくれるんかなあ。

そういえば、双子の男子たちと手をつないで

バス停まで歩いたときにも、

いつまで手をつなげるんかなあ。

なんて、思ったな。

ああ、なつかしや。

あの頃は、可愛かったよな。(過去形)


いろんな意味で私を必要としてくれるなら、

どうぞ、使ってやってください。

それは、家族でもそうでなくても。

嫌になったら逃げるので、その時はご容赦ください。


こんな私でも、どっかの誰かの支えや幸せのお手伝い

ができるってありがたいこと。

自分のことを手入れしてるときよりも、

そんなときのほうが生きてる感じが深いような。

生かされてる感じがあるような。


でも、これって下手すると犠牲にすり替わるときがあるので

ほどほどがいいと思う。

その、線引きってむずいけど。

まあ、嫌って気持ちも大事にしてあげればいいのかなあ。

よおわからんけど。


さて、夕食。

もらった手作りこんにゃくが冷蔵庫に放置されて1週間。

そろそろ使わねば。

で、手綱こんにゃくと厚揚げ、ゴボウの煮もの。

豚汁。サトイモが第一候補だったけどなかったのでさつまいもをイン。

チョーおいしかった。イモが。赤だしとフツーの味噌を混ぜたのもよかった。

コールスローが余っていたので、茹でたえびとアボカドを足した。

なんかリッチな気分。

鮭をなんとかしようと思っていたけど、

途中からたいぎくなったのでやめた。明日だな。


*ダリア


こんな大輪のダリアが2,3本

の束で140円だった。

他は、ジンジャーリリー2本組で

200円。

ありがたや。ありがたや。

毎日、見とれてます。

・・・ちょい、逆光だったな。



9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示