top of page

広島平和記念館へ

更新日:2022年11月5日


真夜中。

いつもは熟睡している時間。

3時前。

つれあいの目覚ましが鳴る前に目覚める。


3時半起床。

夢の中だった娘を起こし

4時、いざ広島へ。


数日前、夕飯時のムスメの一言。

「広島の平和祈念館に行きたい。」

に、私もつれあいも賛同し今回の小旅行となった。


9号線を米子へ。

米子道から中国自動車道へ。


途中数回休憩しながら現地到着は10時。

ラーメン食べたり、

ぶらぶらしたりでゆっくりドライブ。


広島市。

最後に来たのはいつだろうか。

確かムスメの受験の時かもな。


まずは、原爆ドームへ。

原爆のターゲットになった相生橋をわたり、

記念公園へ。


平和の鐘をコーンと鳴らし、

原爆死没者追悼平和祈念館へ。


そして、目的の平和記念館。

入場料大人200円×2

ムスメは無料。

音声ガイド器400円(私だけ)


薄暗い部屋に、

所せましと並ぶ原爆の遺物。

とけた瓦、敗れた服、焼けただれた皮膚、

影が残った石段、黒い雨、原爆後遺症・・・。


想像すると涙が止まらなくなるので、

なるべくさらっと見るようにしたけど、

涙は頬をつたった。


はじめの資料館のうす暗い部屋をでると

次の部屋への廊下は光があふれていた。

原爆の世界から

今の世界へ戻れたような安堵感があった。


秋晴れの、連休初日とあって

たくさんの人がこの公園を訪れていた。


外国の方も多く、

赤ちゃん連れが数組あった。

小さな子供を連れての若いカップルもあった。


戦争。

原爆。

向き合うには勇気と覚悟がいる。

私にはまだそれがないなぁ。

そう、ビビりなんだと思う。


体力をつけて、

もう一度出直そうと思う。

次回は前泊をして、

朝一で向かいたい。

つれあいはシブシブといった感じで了解した。


ムスメは、記念館のことを問うと

うーん、やっぱり戦争はこわいなあ。

と、なんだか他人事だった。


お昼が過ぎて、

何を食べようか・・・

どうもそれが一番気になったようだ。

ため息タメ子だが、

まあ、仕方ない。


夜は恒例の

車中泊。

お風呂でサウナと水風呂を繰り返し

疲れたらしい。


たぶん、よく眠れると思う。

つれあいよ、

運転ありがとう。

こころの中でつぶやいた。


夕飯

やっぱりステーキ

つれあい:200グラム

私:150グラム

ムスメ:100グラム


その後うどん摂取(ムスメ)










*原爆ドーム


かなり大きな建物。

奥行きのあるでっかい建物だった。

日本は世界で初めての核被爆国でありながら

核兵器禁止条約に署名・批准してない。

確かあなた広島出身だったよね。

「岸田さん、考えてほしい。」

そう、平和記念館のノートに書いた。





閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page