年金事務所のおじさん。

猫がきた。

障子をがりがりし始めた。

起きないぞ。

もう少し寝てやる。

布団の中でねばった。


つれあいが、降りてくれた。

5分後に階下へ。

今日行ったら明日は休み。

がんばれ。


しぶしぶ起床した娘は、

ゆかりチーズおにぎりを2個

みそ汁をお腹におさめた。

いってらっしゃーい。


今日はちょいと手続きで年金事務所へ。

年金については、いろんな思いがあった。

どちらかというと、

よくないイメージ。


人が少なくてすぐによばれた。

担当は、やや太めの中年男性。

少し構えた。

だけど、それも一瞬だった。

言葉が丁寧で、威圧感なく、

親身になって話を進めてくれた。


帰路につきながら、

なんだか自分が大切にしてもらったような

応援してくれたような、

そんな気持ちになった。

もちろん、年金事務所へのイメージは

180度変わった。


私もヒト相手の商売だが、

こんな風に接していただろうか。

自問してみるに、

悪くはなかったと思う。

けれど、すごくよかったわけではない。


ありがとうです。

年金事務所のおじさん。

勉強になりました。


帰宅して、あまりにも空が青くて

こんちゃんの散歩にいった。

そして、布団をほした。

屋根のゆきが消えていたので。


今夜のふとんはフッカフカ。

明日は休み。

にやにやしちゃうなぁ。


夕飯

昨日のカレー

チキンカツ

小松菜のナムル

ネーブル

私はきなこ餅をたべた。



*散歩


けもの道のような

農道。颯爽と

ゴムまりのように

かけてくるこんちゃん。

老犬になるであろう年齢。

小走りで対抗した。











閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

砂丘