top of page

多弁なむすめ・・・わたしもか。

ネコがきた。

起こし方がバージョンアップしていた。

かすかに出ていた爪を完全に引っ込めて

おでこをコンコンしてきた。

痛くなかったことに感動しながら目覚める。


鳥取までめんどうだけど、前回雪で休んだので

意地でもいかねば。

冬の荒れ狂う日本海を横目に雨の中、

イオンへ向かう。


帰りは雪だった。

帰宅後すぐにお風呂へ。

今夜は株湯。


クリプレがよほどうれしかったのか、

娘が多弁。

44度の風呂なので、ゆでだこになりながら

とりとめもないことを延々と話す。


今日の夜も来てくれたらいいのにな。

ありえんな。

サンタも金がないわ。

サンタは遠い国へ帰ったけ、次は来年だな。


お風呂からでても、しゃべり続ける。

扇子ってな、100キンにもあるだけ。

でもな、ここの木がざらざらしとるだが、

この、もらったのは手触りがいいわ。

うーんいいわ。

何度もすりすりして、うっとりしている。

・・・風呂にもってくるなよ。


わたしって、なんで扇子が好きになっただろ。

なつやすみな、○○ちゃんがきたとき

扇子こわされたに。

開き方がわからんかったみたいで、

べりって敗れちゃったに。

その時、嫌われたくなかったけ

「大丈夫。

それ、はじめからやぶれとったけ。」

っていっちゃったに。


うーん、それってどうかなあ。

わざとじゃないけど、

そこまで言わんでいいんじゃない。

○○ちゃんを大切にしたいけ、

嘘ついたか。

うーん、それってお母さんならどうするかなあ。

・・・。


この年にしては、

だいぶ、空気を読めるようになった娘。

空気感。

生きるために、空気を読むのはいるよな。

でも、従う必要はない。


話してくれるうちに、

じわりじわりと、しみこむように

話していきたい。


夕飯は、おばあさん。

寄せ鍋。

中身はしめじ、えのき、しいたけ

えび、たら、赤魚、はまぐり、さわら。

アボカド醤油


*サンタからの扇子


同じ柄のケース付き。

しっかりしたつくりなので

簡単には壊れないと思う。

もう一つは、ベンチコート

でした。






閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page