国際セーフアボーションデー

やっぱり一人がいい。

夜、一回も起きることなく9時頃

目覚める。


1人で眠れる幸せを、ベビーがいなくなり

再確認した。

私にあのころのような体力気力はもうないよ。


さて、今日は家の周りや中の正月飾りをつけた。

玄関、蔵、山の神様・・・全部で8つのしめ縄を使った。

神だなはなぜか、男がするようで女人禁制らしい。

・・・?

つれあいが松を備え、お酒を変えた。


先日、国際セーフ・アボーション・デーJapanプロジェクト

中絶についてもっと話そう

第14回 アルゼンチン~中絶非犯罪化と合法化までの道

に参加した。


以前から気になっていたアボーション。

助産師は産む人だけを助けるのではない。

女性に寄り添うのが私たちの役割だと思っている。

安心、安全な方法で決定し実行できる。

医療が提供するサービスの基本だとおもうけど。

中絶とて例外ではない。


ある中学校の熱血保体教論は、

いのちの大切さを感じてほしいと

3年生に中絶のビデオを見せていると自慢げに話していた。


その時、

 先生、それってやばいですよ。

勘違いですよっていえなかった、自分がいた。

違和感はすごくかんじていたのに。

反論する言葉を持っていなかったからか。

ならば、持たねば。

持たねばこれからやっていけない。


1月2月は高校生や大人への出前教室が控えている。

その時に中絶は権利であることや

産む、産まないはあなたが(女性が)決めていいこと。

何より「私の体は私のもの」ってことを話したいな。

★毎月28日にアボーションデーのイベントありますよ。


窓の外は雪がちらほら。

‥ということは静かな夜。

気を利かせて娘が布団をあっためてくれた様子。

ありがたや。


夕飯は

白菜1個を昨夜からコトコト煮ていた。

その中に卵をポトン。

ウインナーをいれて、春雨も。

ポン酢、キムチ、梅干し、ラー油、ゴマ油。

好きなように味付けして食べた。


*チーズ入りホットケーキ


おやつで作ってみた。

もらった、りんごの

つぶつぶと一緒に食べてみた。

娘と、つれあいとで

ペロッといけた。

次回はこのつぶつぶを

いれてやいてみよっかな。






閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示