国力、人口、花粉、春をおもった3月11日

たぶん、朝だと思って目を開けた。

外は暗く時計は5時。

次に目覚めると

窓から見える空には雲一つなく

ブルーの世界だった。

6時半。


よっし、

起きぬけにトイレ掃除ができそうなくらい

テンションがあがり起床したのは30分後。


つれあいは黙々と

食洗器を片し、洗濯をまわし、

娘を起こし、昨日たたんでなかった洗濯物を

たたんでいた。


ならば私も、とほうきで台所と玄関を掃き  

掃除機をかける。


午前中産後ケアが入ってるので

その準備をささっと済ませる。


昨日のたいの味噌汁にご飯をいれ

さらっと朝食をとる娘。

パソコンをセッティングして

時間までこたつにすっぽり入っている。


雑多なテーブルを片そうと昨日の新聞を手に取る。

寄稿:ウクライナ侵攻 萱野稔人(かやの としひと)

これに見入る。


「ロシアの出生率が低下の一途で、

プーチン政権になって一時的に増えたが

ここ5年ほど再び自然減が加速しているらしい。

この長期的な人口減は国力の低下を

意味している。


ロシアは自らの勢力圏がむしばまれていることや

この深刻な社会問題に直面していたからこそ

外に向けた軍拡を推し進めたのでは。」

一部はこんな内容。


うーん、確かにうまくいってない時って、

ときに攻撃的になるよな。

でもだけって、親戚みたいなひとらに

いきなり土足で自宅にあがりこんで

おまえらーって拳銃ぶっぱなすのはまずい。


何がまずいって、

プーチン大統領は時期がくればいなくなるけど

ロシアって国は続いていくわけで、

そこで暮らしている人たちはスティグマ(差別や偏見)

を植え付けられちゃうような。

むーかしのナチスのように。


それから、国力ってそうか人の数も

そうなんだなって改めておもう。


経済,軍事,文化,資源人口などを総合した国の力。

(出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)


私の住んでる日本も人口減の一途。

でも、本気で増やそうとおもってる?

リプロ、かんがえてる?

女性デー知ってる?


おじいさんみたいな人が

政策決定して、当事者の思いや視点が

抜けているような・・・

そんな気がするけど、

・・・どうか違っていますように。


今日は1日花粉がビュンビュンとんで

くしゃみや目がかゆくなったけど、

・・・ああ春だなあ・・

やっと春がきたなあ・・・。


今年の3月11日はこんな感じで

過ぎました。


夕飯

ふきのとうのてんぷら 

ふきのとうのみそ

とうふハンバーグきのこのあんかけ

なばなの辛し和え

せろりのきんぴら さらだ

ゆで卵



*つばき


数日前は開いてなかった。

この陽気で一気にオープン。

八重咲なので、

華やかな感じ。

黄色い花弁がアクセント。

庭にもう数種類の

椿がありしばらくは楽しめるな。










閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示