国会中継から希望をもらう


快晴とまではいかないも

かなりそれに近い。

降水確率0%。


寒いけど、青い空と白い雲。

日曜の着物行事(娘2人)の

ために奔走して時間がすぎた。


ふう、疲れたわ。

タイ焼きでもかってかえろ!!

と、いないの駐車場に入ったその時、

車のテレビから内密出産・・・と

聞こえた。

伊藤孝江議員の質問だった。


私たちは自分をきりさいて赤ちゃんを産む。

・・・無条件で守られるべき赤ちゃん。

・・虐待で一番多いのは、

0歳0か月0日0時間、うぶごえを塞がれてしまう

赤ちゃんなんですよ。


予期しない妊娠で孤立出産を

強いられる女性がいる。

一人で子供を産まざるを得ない女性がいる。

女性と小さな命を守るための一つの方法として

内密出産がある。


参考人として、熊本の慈恵病院の蓮田院長が

来られていた。

ゆっくり言葉を選び

日本初の内密出産の経緯を話された。

小さな命を救おうと全身全霊で

関わった様子がわかった。


国内初ということで法整備がまだ追い付かず、

自分が逮捕されれば・・

みたいなことを言われたときには、

なんだかやりきれない思いだった。


伊藤議員が2人の大臣に詰めより、

2つの省庁が協力して法整備を進めていくことを

明確に答弁したときには、私も拍手した。


何かが起きてからではなく、

起こる前にそのにおいをかぎ取り

予防していけたらいいよな。


この頃、素敵な議員さんにであう。

政治は日常だとおもう。

身近に政治はあるんだよな。


帰宅後、

タイ焼きを食べた。

ふだんの何倍もおいしかった。


夕飯

やきそば

みそ汁、ご飯


*着物


実家にあったもの。

せっかくなので、

着ることにした。(娘が)

正直めんどくさかった。

段取りが。

でも、着付けのおばちゃんに

「よかったなあ、娘さんが

2人もおんなって。」

といわれ、まあ、そうかもなあ。

なんて思った。



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示