ルッキズム

朝が来た。

いつものように。


娘は起きない。

昨夜、朝練で空手の型の

練習をしようっていったのになあ。

まあ、寒いので無理はすまいと

都合のいい解釈で回避。


おにぎりとウインナー入りのお汁を

お腹に収めて登校していった。


さて、昨日の新聞で面白い記事があった。

「加工済み顔写真とマスク」 酒井順子


少し前息子のお嫁さんが我が家に来た。

ご飯をたべ、お風呂に入るというので

準備をしていたら

カラコンをいれるものがないって

騒いでいた。


そもそも、なんでカラコンいれるのか

よくわからなかった。

ああ、そうか。この記事をみてわかった。


キーワードはルッキズム。

外見至上主義。

「容姿の良い者を高く評価する」

「容姿が魅力的でないと判断した人々を雑に扱うこと」

を指す言葉だと初めて知った。


自分らしく、ありのままで・・

では、取り残されるのではないか

という恐れがあり、

ルッキズムの存在を前提にしている若者たち。


また、マスクの常時装着は

真実の顔を恥部化させたとも書ききっている。

加工済みの自分とマスクを装着する自分の

2つの仮面を持っている若者。

仮面の奥から真実を読み取る眼が

ますます必要になってくる。

で、締めている。


なんか、すごい世界だなあ。

容姿が悪ければ

生きてる資格がないとでも

いいだしそうで怖い。


こんなに、重装備は疲れんかな。

普段、化粧も髪の手入れもほぼ

しない私からは想像できない。


おにぎりをおいしそうに食べてる

娘もこんなふうになっちゃうのか。


いくら、「100点満点の命」や

「あなたはあなたのままでいい」

と訴えても、

心に届いているのか・・。

うーん・・・。


なかなか手ごわいな。

さてはて、どうしたものか。

・・・・・・・・・・・。

すぐに答えはでないので、

とりあえず、ご飯にする。


夕飯

塩鮭

セロリのきんぴら

豆腐とまいたけとわかめの味噌汁



*5種類のpukka

 ハーブティ


昨年、知人宅で

ごちそうになってから

はまってしまった。

パッケージも味も

大スキ。

これはイオンで購入。









閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示