テルオさん

朝のテレビ小説「おちょやん」

主人公千代の父テルオさん。さよならの日だった。

借金つくって、子供を捨てて、女にうつつを抜かして、

どうしようもないテルオさん。

親って何だろう?

家族って。


家族:名 同じ家に暮らしている、夫婦・親子・きょうだいの人々。

                      「学習新国語辞典第3版」(講談社)

子どもが生まれたり、病気になったら助けあったり、

ホッとしたり、いろんなルールを伝えたり

家族の機能っていろいろある。けれど、

どこの家だってこれらすべての機能が100点なんてありえない。


形だっていろいろ。

つれあいの世界と私の世界が融合して家族を創る。

1人として同じ人間がいないように

一つとして同じ家族はない

家族は多様。


テルオさんはいろいろ回り道をしたけど、

最後に望んだのは千代のお父ちゃんにかえることだった。

それも一つの生き方。

死にざまは生きざまともいうから、

ほんとは、いいお父ちゃんになりたかったのかも。


朝はBS,NHKで。そして昼もNHKでテルオさんの最後を見ました。

昨日に引き続き今日も泣きました。


テルオさん安らかに、静かにお眠りください。合掌








3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

4月10日

再開。

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Flickr Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Pinterest Icon