サイコーな役者さんと外国人について。


白にブルーが少し混じったような。

グレーじゃない。

しばらく雨の様子。


6時15分には家をでる。

と、息子が言うのでそれまでにお弁当を

つくらねば!

と、意気込んでいたからか、

めずらしく5時前に目覚める。

4時後半に、鳥がうるさく

鳴きはじめたせいもあるけど。


男3人のお弁当。

久しぶりだ。

気合が入りすぎて、風呂掃除や

コンちゃんの散歩まで7時半までには終わってしまう。


そして、おかえりモネをみる。

8時からの分もみた。

両方泣けたなあ。

美波役の坂井真紀、その夫、浅野忠信

この役者はサイコーだな。


下の娘が生まれた10年前。

テレビを見ていた時に急にニュース速報が流れたことを

思い出す。


忘れちゃ、いけないよなあ。

想像も絶するような世界だったんだなあ。

いつか、東北にいきたいなあ。

キーボードを打ちながらも、目頭があつくなる。


昨夜久しぶりに娘からライン電話があり、

ミャンマーの友人と同居する予定だときいた。

ミャンマー、あのミャンマーか。

家族は、残された家族は大丈夫なのだろうか。


急にミャンマーが身近になる。

娘は以前、新宿の居酒屋で

バイトしていた。

そこで、いっしょに働いていたのが彼女。

2,3回そこの居酒屋に行ったが、

お刺身と漬物の盛り合わせがおいしかったなあ。

1,2回出会ったけど、はきはきと気持ちいい応対を

してかわいい子だった。

今、その店は休んでいるようだ。


息子は辞めてしまったが、福祉の専門学校にも

イスラム系の女性が2人入学式にいた。


以前勤めていた病院にベトナムの女性が

来院したこともあった。


少し前の新聞に、境港?で不法滞在の外国人労働者の

ことが報じられていた。


鳥取にも、多くの外国の人がいて働いている。

その人たちの性や生殖は大丈夫なんだろうか。

何か、困っていることはないのだろうか。


せっかく、病院という縛りから解放されたのだから

必要とされる場所があれば行きたいなあ。

言葉のハードルがあるかもしれないが、

まあ、同じ人間だし、きっと何とかなると思うんだけど。


*ノウゼンカズラ


誕生花というものが

あるらしく、この花は

7月14のみたい。


今年は、例年に比べて早め早めに、植物が大きく

なってるような。

夏のイメージが大きいこの花も

気が付くと開花していた。

あと、2週間もすれば

この花の似合う季節がくるなあ。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示