ガールズ シモ 問題の本

あめ。

予報はあたり。

やっぱり雨だった。

ここから出たくない。


だって、

布団の中はあったかい。

じわーっと芯からあったかい。

包まれてる感じで、

守られてる感じで。


きっと、子宮の中も

こんな感じだったんだろうな。

・・なんて、ゆめと現実を

行き来しながら目覚める。


春雨とご飯とお汁をお腹におさめ、

娘はしぶしぶ登校。


そして私はちむどんどん。

思わぬ展開にざわついたが、

その後の「世界猫歩き」で安らいだ。


午前中はお仕事で大山へ。

その後大山町の保健師さんに会い、

道の駅でらーめん食べて、

シュークリームと卵を購入し

帰路に就いた。


帰宅してごろっと手元にある本を

よむ。

「セックスにさよならはいわないで」

膣ケアの手引き  関口由紀


これは、セックスの手引書ではなく、

女性泌尿器科医が書いた

ガールズ シモ 問題の本。

へえ~、ほお、ふーん・・

ちょこっとのつもりが

時間も忘れあと数ページになっていた。


GSM

ジェニトユリナリー シンドローム オブ メノポーズ

(閉経関連尿路生殖器症候群)


50歳以降の女性の2人に1人が抱えている

らしい問題だと初めてしった。

この本にはセルフチェック表があり、

やってみた。


今のところ、GSMではなさそうだが

注意しないとこれからやばいかも。

膣も外陰も顔と同じように毎日のケアが大切。

(顔・・・・あんまりしてないけど・・・。)


汚れを落として、

しっかり保湿して、

マッサージして、

睡眠、食事。


そうか、会陰マッサージは

ヘルスケアなんだな。

なんて、思いながら読み進んだ。


老いてゆく我が身を、

よしよししながら、

こだらかしながら、

つきあっていかんとなあ。


題名のセックスは勘違いしやすので

付け加えておくと、ここでは

挿入だけをいってるのではなく、

スキンシップも広義のセックス。


生殖目的ではなく、

コミュニケーションの一つとして、

プレジャー(喜び)として、

とらえてほしい

と関口さんは書いていた。


さて、今日も1日雨だった。

明日は晴れますように。

そう願って布団に入った。



夕飯

焼き魚(セイゴ)

ベーコンの豚肉巻

にらの味噌汁 もずく


*蘭の花


台所を片した。

で、花を飾ってみた。

大山の道の駅で購入した。

3本で200円。

かすかにあまい芳香がある。

トントン、チャカチャカしながら

ふとみたらはなが・・・

ってのもいいもんです。








閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示