やっぱり、すてよう。(今度は本気)

旧友との時間を過ごす。

私より一回り大きな友は、

かなりパワフルで面白い人だ。


少し前コロナに感染したとき、

何度か差し入れを持って行った。

今回は、その時のお礼だといって、

ニジマス料理をごちそうしてくれた。


そして、休暇村大山の前の芝生で

敷物を敷きお茶の時間をした。


ともに50を過ぎ、

子育てもひと段落した。

・・うちはまだ5年生がいるけど

赤ちゃんじゃないのでひと段落というくくり。


これからの人生、

どっちの方向にいこうか、

なにがしたいのか。


そんな、わくわくするような

時間だった。


ワクワクの力はすごくって、

つれあいに腹をたててることが

馬鹿らしくなってきた。


そんなことより、

新たな目標設定をして

こんな歳だけど、

がむしゃらにやってみたい。


人生学びの連続で、

いつが始まりってことはない。


組織や誰かのために

生きてるわけじゃないから、

自分の人生、自分に投資せずだれに

投資するのか。


家族をすてて、

自分を・・とは思わないけど、

なんとか家族と折り合いをつけて

自分のやりたいことを通したい。


で、まずは掃除することにした。

私は貧乏性でものすごい数の新聞の切り抜きや

いつかは使えるだろうと思って

ファイリングしたものが

無数にある。


そして、服。

実家や妹が、私の懐具合を心配してか

着なくなった服や鞄、等々を

くれたものが山ほどあって

部屋を占領している。


それを、躊躇なくすてることにした。

ムスメが大きくなったら・・

いつかなんか作る時の生地用にとか

いろいろ理由をつけて

残していたもの。


スーツケース一個にして。

身軽に生きよう。

そう、友は言った。


死ぬときは身、一つ。

何をそんなに欲張るのか。


引き算していく人生。

ちむどんどんだけは、

忘れないでいようと思う。


夕飯、

ニジマスの塩焼き

豆腐ハンバーグ

わかめいため、

ゆるゆるたまごいため

昨日のお汁


烏ヶ山(からすがせん)をバックに

先月サントリーの仕事で

2日間通った場所。

晴れたり曇ったりの天候だった。

雲が流れ、雲間から青空が見え

霧が流れ・・移ろいゆく景色は壮大だった。


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

砂丘