top of page

ほっとけないこと。

なにい、休みか?

おばちゃんが笑いながら

話しかけてくる。


夜勤明けで、仕事を1つこなしたら

うどん屋にいってよいと

自分で決めている。


いつもどうり1番乗りで

暗い店内に入っていくと、

おっちゃんがうどんを踏んでいた。

明日のうどんかな。


調理場は湯気に包まれ、

スタンバイOK。


話の流れで、

子どものことになった。


いけんいけん、親がせえっていっても

すらあへんけ。

ほっといたほうがええで。

おばちゃんが身を乗り出して話しかけてきた。


我が家のムスメは、

ぜんぜん宿題や勉強をせんに・・・。


うどんだったら

大人の2倍くらい食べるのに

鉛筆とノートに向かったらチーンって感じ。


そして、お腹いたーい。

頭いたーい。

休んでいいかとこの頃よく聞くに。


ほんとなのか、フェイクなのか

まあ、いいけどさあ。

おばあさんとおじいさんがうるさいのが

まためんどくさいんだよな。


ほっとけほっとけ。

じじいもばばあもほっとけ。

勉強せえっていうなあよ。

せんせん。

うどんを茹でながら、

おっちゃんも叫んでいる。


うちのだって5,6年の頃は

こりゃダメだって思ったけど、

中学高校無遅刻無欠席無早退で

表彰されただぞ。


まあ、おっちゃんちのは

いい方向にいったけいいけど

うちのはどうなるかわからんがん。


あのなあ、

なるようにしかならんだけ。

一番いけんのは

親が追い詰めることだわ。


あわんかったらやめればええし、

にげればいいだけ。

生きとればええ。

はっはっはっ・・。

と、今日はよくしゃべるおばちゃん。


だよな。

わかった。

迷ったらここに連れてくるわ。

考えんけ。

ほっとく。


よくわからん着地点になったけど、

おっちゃん、おばちゃん元気でおってな。


ごちそうさま。

あさってまたくるわ。

片手をあげて店を後にした。


夕飯

セロリのきんぴら

セロリのマヨ和え

菜花の辛し和え

豆腐の味噌汁

鶏レバーを煮なおした

むね肉のパン粉焼き











*セロリのきんぴら


これだけでご飯が食べれる。

大すきな一品。

でっかいセロリが250円だった。

また作ろう!

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page