top of page

ぴょーんと、お願いします。

くっきりと雪に刻まれた足跡。

ひずめが二つにわかれたもの。

たぶん、シカだろう。


朝の散歩中。

探偵のように

その後をコンは追っていた。

そして、私はその後を追った。


大きな田んぼに行きついた。

誰も、何もいない。


少し前おじいさんがここに

立派な角をもったシカがいたと

教えてくれた。


おんなるかな。

シカさん。

会いたいな。

どきどきしながら

周囲を見渡すも

らしいものは見えない。


ぐるりと柵にかこまれている田んぼ。

きっと、ぴょーんとこんな柵は

飛び越えてしまうんだろうな。

陸上のハードルみたいに。


飛び越える。

響きのよいことば。

さて、私は何を飛び越えようと

しているのか・・。


ふと、こんなことを

思ってしまう。


何を目指して、

何を飛び越えようとしているのか。

私はどこに向かっているのか。


深く静かな山並みをみながら

答えのでない問いをたててみた。


・・・私は詩人かも・・・

・・なことはないけど、

少しうっとりしながら思いを

巡らしてみた。


けど・・正直わからない。

今は求められることに

答えていこう。

目の前にあることを

がむしゃらにするしかないよな。


そこから見える景色が

なにかヒントを教えてくれるかも。

焦ってみても

しゃーないな。


さてと、コンちゃん帰ろう。


今日の予定。

午前は妊婦さんに寄り添い支援。

午後からはホテルでお話会だ。


どうか、今日1日が

ぴょーんと飛び越えられますように。


夕飯

きんちん(厚揚げ、こんにゃく、すじ肉、大根、サトイモ)

手羽の焼いたの

わかめのお汁

昨日の胡麻和え野菜









*朝の駅前


夕方みたい。

早朝の駅前。

空がだんだんしらみはじめ

ライトが消えていく。

早起きはしんどいけど、

時々はいいと思う。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page