にぎやかな、素直な生徒さん達でした。

雲が多そう。

のっそり起き上がる。

いつものように、猫たちは元気。


弁当、朝食、洗濯・・・

いつもの朝の行事を終え、

コンちゃんの散歩に行こうか・・・

と思ったが、今日はおじいさんに頼んだ。


今日は特別な日だ。

4クラスを1クラスごとに2チームで連ちゃん講義。

実は中部チームは初めての試み。

同じ教材が2つ必要。

以前から欲しかった子宮、ペニスエプロンができて、

ワードも作り、音声(産声や心音)も確保できた。


講義前は

興味しんしんで覗いてくる子。

セックスや性のワードをみて照れ隠しの大笑いを

してる子たち。

体は大きいけど、幼さや素直さも感じた。


30数人の目がこちらを見る。

時々うつむく子もいたが、ほぼみんなみてくれた。

なんでペニスは長いのか。

なんでゴールデンなのに外にでてるのか。

自身の体の不思議を問うと、首をかしげる子たち。


わいわい、がやがや・・女の子もいっしょになって。

けれど、次の瞬間にはシーンとなって聞いてくれる。

キメヒキのある話しやすい学生さんたちだったなあ。

あっという間の50分。

話したいことがいっぱいあって時間が足りなかった。


教室開催は初めての試みだったが、生徒さんらが身近に感じられ

表情もよくわかりなかなか良かった。

できるなら、もう1時間とってグループワークができたら

今日得た様々な知識を仲間で共有できたよな。

そして、少しは性を自分のものにできたかな。


私は多様な性(性のグラデーション)がいまいち

まとめきれていない。

もう少し自分の中に落とし込んで自分の言葉で説明したいなあ。


それにしても、知れば知るほど奥深く広い「性」の世界。

同じセクシュアリティの本を読んでも

以前の赤線が全然響かなくって別のところが二重線を引きたいぐらい

感じ方が違ってきた。

知ったつもりには全然なれず、

どんどん知らないことに気づく。


加齢とともにどんどん好奇心が出てくるのはなぜか。

頭や体をさび付かせないためにも、

ノンジャッジ。

価値をもう一度問い直す作業を地道にしていこうと思う。


*柚子


寒暖の差が出てくると

黄色い色が鮮やかになってくる。

さーて、今年は何を作ろうか。

久しぶりに柚子ジャムとかいいかも。

誰のレシピを参考にするか。

飛田さんもいいけど、

辰巳さんのもいいかも。

瓶いるな。








21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示