てくてく・・無言で登った。

快晴。

起床時、じわりと筋肉痛。

特に

太ももあたりが重たい感じ。


昨日、山にいった。

こんなにいい天気、山に行きたくなった。

つれあいも誘ったらOKサイン。


大好きな若杉山。

てくてく、ほぼ無言で歩く。


おばあさん2人連れが先を歩いている。

70後半っぽいけど、

化粧でよくわからんかった。

元気によお歩くな。


20年後あんなふうに歩けるだろうか。

その前に、

生きてるだろうか・・。


ただ、ひたすら上を目指して歩いた。

てくてく。

上の方は風が強かった。

そして、急勾配がある。


はあはあ、息が切れる。

汗がでる。

心臓が騒いでる。

休憩。


呼吸を整え、

周りを見回す。

はるか遠くに大山。

頂上付近は

恥ずかしいのか、雲で隠れていた。


ついた。

無言で座り込む。

無理に話すこともないよなって感じで、

お互いいらぬ気遣いはしない。

・・単に疲れて話したくなかっただけかも。


さて、おりよう。

私が先に行くときは、

あんまり距離が空きすぎると

しばらく立ち止まって待つ。


反対の時はつれあいが待つ。

そんな感じで下山。


山から自宅までの車中でもほぼ無言。

本当に会話のない時間だったけど、

まあ、ありかな。

こういうのも。

なんて、思った。


夕飯

むね肉とごぼうの唐揚げ薬味ソース

千切りキャベツ

かきたま汁


*若杉山にて


名前は知らない。

地味だけど、

かわいい。

群生地というふれこみなのに

おきなぐさは一つも

見れなかった。

残念。

足元に見る小さな花。

ホッと心がゆるみ元気がもらえた。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示