それぞれのドラマは奥深い

今日も快晴。

こう毎日晴れてると、

太陽のありがたさが薄れるような・・。


昨日に引き続き、

町の健診をお手伝い。


じいちゃん、ばあちゃん・・いろんな人が来る。

実に面白い。


既往歴や自覚症状を聞きながら、

家族との関係やこれまでの生き方、

病気との付き合い方など、様々なドラマをみせてくれる。


私はついつい話が長くなってしまうので、

3,4人しか問診が取れない。


今日は4人だった。

最後のじいちゃんは84歳。

薬は1つものんでいない。

通院もしていない。

たばこ、酒とは無縁で、

とにかく足腰を使ってよく動く。


下手な医者よりも健康のことを

よお知っとんなるわ。

素直にそう思ったので言葉にだした。


そがなことわないわいな。

わははは・・。

と笑っていた。


実父は胃がんで早くになくなった。

そんなこともあって、

健康のことをより意識して過ごしてきたと、

昔を懐かしむように話された。


前に座っていたばあちゃんは94歳で

医者知らず。


かとおもえば、

数年前に半年以上入院したけど、

病名がわからん。

先生も何にもいわんかった。

・・・ほんとかいな。

とあきれちゃうじいちゃんもいた。


けど、この方もすばらしい。

60歳の定年まで一生懸命に働いて、

実父をひとりで看取ったらしい。


そして、今は農作業にいそしんでいる。

10分草刈りしたら休んでまた草刈り・・休む。

自分のペースで無理せず、

農作業をしているらしい。


酒はやめれん。

これも多いけど、

おいしくお酒がずっと飲めるように

アドバイスだよって感じで話すと

少しは聞いてくれる。


一人ひとりの健康観は違う。

その人の大切にしたいことを応援して、

もしよろしければこんな方法もありますよ。

指導でなく、支援。


私はこんな感じで地域保健に

つきあっていきたい。


夕飯

手巻き寿司

炒り卵、ツナ玉ねぎマヨ、肉、キュウリ

ロメインレタス、キムチ、納豆

豆腐の澄まし汁


*若杉山 山頂付近


れんげつつじが咲いている。

高山で、こんなに大きな花を咲かせる

のはこの花ぐらいかなあ。

奥に見えるのは

大山かも・・?

とにかく笹がすごかった。


閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示