それぞれのトリセツ作り


昨夜布団に入って、

ゴロゴロしてると、

ムスメがきた。


いつもは、

おかあさ~ん、足もんでぇ。

とか

背中スリスリしてぇ。

と猫のようにかわいくすり寄るのに、

今回は違った。


ムスメから

マッサージしてあげようか。

と一言。

何か欲しいものでもあるのか。

一瞬かんぐったけど、そうではなさそう。

指の関節のあたりがギスギス

してるので、そこらへんをお願いした。


うーん、指か。

手首はどう?

こっちに曲げるとどう?

こっちは。

そうか、こっちはいいのか。

肩は?


ムスメからのおもいもよらない問診を受け、

わかっとるんかなあ、

と思いながら答えていく。


確かに不調はそこだけの

問題でなくその先にも影響を与えていくので

そこら辺を聞くのは意味がある。


例えばおっぱいの不調は、

肩、首、背中の不調だと思う。

(もちろん、ポジショニングや間違った吸いつき

も大きな原因だけど。)

乳腺炎のケアに行ったとき、

よくぞ、ここまでガチガチに。

という背中や肩をよくみる。


ムスメには小さい時から、

ベビーマッサージをはじめ

いろんなマッサージをしてきた。


その時の声かけが、

今晩はムスメの口からきこえてきた。

強さはどう?

押すのとさするのどっちがいい?


小さく繊細な手。

握力18の割には結構力強く押してくる。


わたしな、よくわからんけど

自分が気持ちいいところをしてあげるに。

という彼女のことば。

悪くないなと思う。


現象ありきで後から理論がついてきた

東洋医学に通じるところがあるなあ・・

なんて思った。


ムスメはおこずかい稼ぎに、

おじいさんのマッサージをする。

びっくりしたのは、学校の友人や先生に

肩甲骨はがしをしていると聞いた時。


そんなことする子供は

なかなかいないから、

変わってると思う。


それから、髪をたばねたり

みつあみするのをよく頼まれるようだ。


今朝は5時半目覚めの6時半起床。

昨夜ムスメのおかげで体が楽になったかと

いえば、正直そうではない。


けど、

11歳の頭でいろんなこと考えて、

自分や人に

実践してるのはなかなかやるなあと思った。

(もち、嫌がられたらしない)


なによりも嬉しかったのは、

自分のカラダに関心をもっていること。

思うようにならないからだのトリセツ作りを

始めているようだ。


私もセカンドスプリングを迎え、

あらたなトリセツ作りに励んでいる。

負けれんなあ・・。


夕飯

おばあさんの豚丼。

大根おろし

うすいしじみの味噌汁



*夏すみれ トレニア


今年の夏花は、

1個も苗を買ってない。

昨年のこぼれだねで

どんどん咲いてくれた。

トレニアは強い。

強さはありがたい。

わすれなぐさの苗も大量に

できている。

これは来年の春用です。

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示