がんばれなくても。

眠い。

今朝、トイレに一人でいけないからと起こされた。

1時半頃。

そして朝方猫が近くに来た。


6時半やっと起き上がる。

だるいな。

一つのハードルはつれあいが家を出るまで。

お弁当をこしらえ行ってらっしゃい。

モネちゃんみて、ごろっとしたいな・・

でも雨が降るらしいから早めにいかねば。

傘もって、講義のレジュメもってでかける。

コンちゃんはしっぽを振っている。


シラサギにかえる、赤とんぼ、田んぼは一見静かだが

生き物たちでにぎやか。

その中を、ブツブツいいながら(講義の練習)

歩く。


帰宅後ゆずはちみつ飲みたいナとおもい庭へ。

そうだ、みょうがが出てるかもと思い葉っぱをかき分けると、

両手いっぱいの、それも花の咲く前の

身の引き締まったおいしそうなのが採れた。

柚子は、青いやつを3つとりはちみつとショウガをたして

ジュースにした。


台所でごそごそしてると、娘が降りてきた。

昨夜から息がしにくい、喉が痛いと言っていた。

今朝もあまり改善せず本人が休みたいというのでそうした。

お母さん、早く帰ってきてよ。

と切なそうにいう。

義母は娘が休むことを良しとしない。

ずる休みだなんだといってくるらしい。

私には言わないが、娘にはいう。


いいじゃないか、休みたければ休めば。

行かされるところじゃないけどな。

以前何かで読んだけど、

世の中は頑張っている人にはやさしい。

けれど、一見頑張ってなさそうに見える人、

例えば高校を辞めたり、宿題しなかったり、

ずる休みしたかのようにみえるひと。

そういう人には厳しい視線や待遇が待っている。

私らは頑張ってるのに、あんたらは・・・。

みたいな感じで。


頑張れる子は自分でどんどん切り開く力を

持ってるような気がする。

頑張れない子は、何をどうやって頑張ればいいのか

わからない。

支援が必要なのは、この頑張れない子なんじゃないか。


確か、ケーキの切れない子・・という本に書いてあったような。

それに、自分で頑張って今の地位やステイタスを勝ち取った人は、

他人にも同じように頑張りを求める傾向があるし、

シアワセの定義を囲みやすい。

そして、頑張れない人に対しての想像力が少ないような。


そういう私も、想像力の少ない人間。

以前の病院勤務時代は、自分の頑張りがつれあいの何倍もあると

自負していた。

その自負観はどこからきていたのか。

つれあいの頑張りをなんで想像できなかったのか。

自負すればするほどつれあいとの関係性は

悪くなっていった。

今から思えば何をそんなに頑張らなくては

いけなかったのか。


お母さん、磁石はなんで北と南に向くのでしょうか。

うどんを食べながら娘が聞く。

ウーン、わからん。全くわからん。なんで。

それは、地球が大きな磁石だけ。・・・

へえ~。


娘とのどーでもいいような会話をしながら

ご飯を食べる。

今の私は好きなように生きてる。

多分周りからみてもそんなにあくせくしていないと思う。

私は、そうしたいのでする。

自分で決めて、自分でする。

時には人を誘って、(もち、やりたい人だけど)

周りには、頑張りは求めない。

ただ、周りが私を求めてくれたら誠意をもって返したい。

ただ、それだけかな。

意外とシンプル。

歳をとっていくといろんなことがメンド―になる。

極力やらないですむように、

つながらない努力も時には必要かも。

ライン。人数が多すぎだよな・・・。


*どんぐり


まだ緑のどんぐり。

どんぐりの種類はけっこうある。

多分これは葉っぱから、

コナラのどんぐりだと思う。


クヌギやマテバシイ、シラカシ

これらのどんぐりもある。

コロコロかわいいどんぐりだな。



13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示